北稜OBのお2人
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は坂口先生(お仕事のために途中までの参加)と荒木先生のほかに、
北稜高校レスリング部OBの平尾さんと○○さん(すみません、お名前を聞き損ねました^_^;)のお2人が指導してくださいました!
打ち込みやスパーリングでお相手していただきました。
また、保護者が手押し車などして参加しました。
子どもの足を持ち上げるだけなのですが、うっすらと汗をかきました。

今日の練習
◆ボール当て
◆柔軟・マット運動・エビ
◆片足跳び・手押し車(保護者が足を持って4往復)
◆打ち込み(攻防両方の練習)
*両足タックル
*片足タックル
◆スパーリング
◆ランニング・構え・スキップ


荒木先生のお話…
今日の練習は途中で「ファイト!」という声も聞こえました。
だんだん声が出るようになってきましたね。良いことです。
先生などから「声出せ!」と言われたから声を出すのではなく自分から「声を出そう」と思って声を出すのでは全然違ってきます。
やらされているのではなく、自分からそうしようと思ってしていると自然に身に付いてきます
慣れないことをしようとすると最初はなかなかできませんが、それを続けていくうちに、自然なことになっていきます
自分が得意な技を持っていても先生が「しろ!」と言わないと技をかけないということがないようにしてください。
自分で「こうしよう」と考えて練習すると、どんどん技が出るようになります。


保護者からのお話…
今日はお2人の先生が練習に参加してくださいまして、ありがとうございました。
先生相手に「お願いします」と練習をした人?(小学生は殆ど挙手)
せっかく先生が来てくださっているのだから、新しい技などを教えてもらえたりするかもしれないので、積極的に「お願いします」と自分から行きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/82-58f09844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。