第7回 関西幼年大会に虎児3選手が出場
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■大会概要
大会名:第7回 関西幼年レスリング選手権大会
場 所:大阪
期 日:2012年1月22日(日)

■出場選手
井上 輪太郎(年長)…2位
三浦 修矢(年中)…優勝(2連覇)
井上 寛太郎(年少)…3位

■試合総評
井上 輪太郎・・・タックルも決まって練習の成果も出ました。特に良かったのは粘りのあるレスリングをした事でした。
三浦 修矢・・・2連覇おめでとう!3試合とも1ポイント差の僅差でした。結果は申し分ないが、攻めるレスリングをしないといけないぞ!
井上 寛太郎・・・物怖じせずマットに走って上がりました。すばらしいです。元気に試合も出来ました。


■出来事
この大会は昨年より出場をしている大会になります。
今年は参戦者が3名と少なかったのですが、なんと全員がメダルを持って帰ってきました。
しかも、修也は2連覇です。

前日の土曜日は朝早くから出発し気合満タンで大阪に乗り込んだ様です。
その気合って?
そう!
U・S・Jへの気合です。
(昨年と同じコース・・・)

まぁ、幼年さんなので、これはこれで”有り”かなと思います。
来年も同じくU・S・Jで楽しんで、次の日も試合を楽しむって事で行きましょう!

USJ御一行様は日曜日の夕方18:00に道場に戻って来ました。
いやいや遠征組みでしたね・・・

試合結果の報告会をして、夜は祝勝会で盛り上がりました。

よーし!来年は7名以上の暴虎で参戦だ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。