試合@H23年Jrクイーンズカップ
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成23年度 ジュニアクイーンズカップ
レスリング選手権大会
<東北地方太平洋沖地震>災害復興支援大会

2011年4月2日(土)~4月3日(日)
東京都駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館

今年も参戦してきました。

タイガーキッズの3M+北稜高校2M
(全員Mの頭文字から名前が始まります)

===試合結果===
■大橋海寛(小学3-4年_24kg級)3位
■井上実奈梨(小学5-6年_26kg級)優勝
■安原美奈(ジュニア44kg級)3位

===試合総評===
■全体
□まずは、感謝することです。
試合に出られる事はとても幸せな事です。
環境、お世話の人、相手選手、先生、親・・・・
全てに感謝すべきです。

□試合は練習の成果以上の事は出来ません。
ポイントを取られた、取った事は成果であり
試合の結果、内容をしっかりと受け止め次に生かす事

□ 人よりも努力を怠らないことが大事です。
センスや運動能力が低くても努力次第で追いつける事は多々あります

□試合で感じた事を忘れずに帰ってから生かす様にする事

□試合に来たからには、何か吸収して帰ること

□ちょっとした事や出来る事は、普段の生活からやり遂げる事が大事です。
そのちょっとした事が出来ていないと、レスリングも同じでちょっとした基本が出来ずになってしまう。
つまり、癖をつける事です。

□練習の時に自分で頭を使って考えてやっている人程、練習の力が試合で出ている。
試合では、簡単には勝てません。試合が終わった日の就寝時に考える事!

□試合で負けて悔いが残らない人は居ない
だからこそ、また努力をする為の活力になるんだよ

□悔しい気持ちを忘れないこと!
強い選手は体全部を使って全身でレスリングをやっている。
タイガーの選手は心と頭をもっと使ってレスリングをする事が必要です。
考え方、気持ちの持ちはいつでも変われます。
持ち方次第です。

□課題がある人は次の試合までにどこまで克服できるかで次の試合の成果が変わります。
勝ち上がる選手は顔つきが違います。
試合とは、とても良い勉強になるんです。
そういった顔つきを研究できるくらい真剣に考えて試合会場に足を踏み入れてください。

□既にクイーンズカップは始まってます
既にクイーンズカップはスタートしました。

■大野真子(小学生の部)
⇒3-4年_24kg級 2回戦負け
⇒昨年夏に延長の末、勝利した相手に負けた・・・
この半年間で、相手の選手が真子よりも努力した結果なんだぞ!
⇒勝つ時は圧倒的に勝つ事が多く、負ける時は、接戦の末、試合途中で自信喪失で負ける事が多々ある。
⇒ポイントを取られて弱気になら無い為には技術を数多く覚える必要がある。
⇒今回の試合は、3点先取されても泣かなかったのは成長の証です。
⇒今回は、負けて得るものが沢山あった。

■大橋海寛(小学生の部)
⇒3-4年_24kg級 3位
⇒力の差があったとしても試合では簡単には勝てない
それは、相手も必死だからです。
⇒ポイントを取られてもあわてない事が大事だぞ!
自分のスタイルを変えずにいつも通りの事をやる!

■井上実奈梨(小学生の部)
⇒3-4年_26kg級  優勝!
⇒優勝おめでとう!
⇒2kg体重を落としたら、試合では3kg戻すなどの措置が必要です。
つまり、短時間でご飯を沢山食べれるくらいの強い内臓も必要です
ご飯の食べ方も覚えていこう!

■安原美奈(ジュニアの部)
⇒ジュニアの部 44kg級 3位
⇒体重調整を頑張った事が今回は一番のメダル獲得に繋がった
⇒試合では、大きな差を感じませんでした。
⇒しっかりと欲を持って練習すれば、次はもっと良い結果が出るはず!

■井上真優子(ジュニアの部)
⇒階級に合わせた体作りを行うこと!
⇒日ごろからの体作りも試合の内と言う事!
⇒体を絞ると言うよりも、もっともっと練習量を増やす事が今は一番大事!
⇒試合では、もう少しやれるくらいのものがあるはずだから自信を持ってやること
⇒練習の時から、ひとつひとつを試合のつもりで!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。