試合@第15回徳山大会総評(4年生)
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合@第15回徳山大会(試合結果)

■荒木 和希 (準優勝)
⇒ドッシリ構えて試合をする事
⇒和希specialを出せば恵太郎にも勝っているぞ!
⇒和希は今までに何百もの技を出しているけど、掛かった技、掛からなかった技をちゃんと覚えておくこと!

■井上 実奈梨 (優勝)
⇒試合が終わった後に広島レスの原田君とスパーリングを数多くやっていた。
燃えてます!クイーンズもその調子で燃える様に!
⇒試合では、1点1点と正攻法過ぎます。
⇒2点などが取れる飛び道具も必要になります。
⇒特に全国大会ではね。

■上田 尋也 (優勝)
⇒相変わらず力任せになっています。
⇒もっと肩の力を抜く事。
⇒力が必要な時だけ力を使う!
⇒余裕を持った試合運びをする事
⇒マットの縫い目、セコンドの声、レフリー・・・・
⇒余裕が出れば、相手のセコンドの声も聞こえてきます。

■牛嶋 颯 (優勝)
⇒いっつも同じパターンのレスリングをしている
⇒もっとバリエーションを増やすこと
⇒特に上下の動きをマスターすること
⇒3Dレスリングだ!

■大野 恵太郎 (優勝)
⇒安定した試合内容だったけど、和希とは接戦だった。
ずーっと和希のペースだったから、自分のペースで試合運びをする事

■坂口 関志 (優勝)
⇒稔との泥試合でした。
⇒でも優勝した!お父さんもうれしい
⇒帰ったらジュースおごってやるぞ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。