試合@第15回徳山大会総評(小学1-2-3年)
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試合@第15回徳山大会(試合結果)

■三浦 紘平 (準優勝) ※初メダル
⇒一番盛り上がった試合をしました
⇒初メダルおめでとう!メダルが取れたのは練習の成果だよ
⇒色が金じゃなかったのは、朝練習を1回か2回休んだ分だよ(笑)

■大野 真子 (優勝)
⇒試合では、たまに楽している。休憩している。そんな素振りが見え隠れしていました。
⇒そんな事では、相手に『スキ』を見せる事になります。
⇒皆、見ています。スキを突かれて次はやられます。

■木山 陸 (準優勝)
⇒イライラする試合があったぞ!
⇒攻撃出来るタイミングでしないからイライラする
⇒守っていてばかりでは駄目!自分から点を取りにいく
⇒タックルも上手になっていきているからそれを出さないと勿体無いぞ!

■荒木 瑞生 (準優勝)
⇒弱い相手には強い
⇒強い相手には弱い
⇒組み手のがっつり系はチカヤの影響?か?
⇒宝くじの当りくじで紙飛行機を作って飛ばしている様なものです
⇒それくらいのセンスがあるんだからしっかりと換金してください

■牛嶋 稔 (準優勝)
⇒技は持っているし知っている
⇒試合で掛からないのは練習不足だから
⇒体のいろんなところから手足が出るけど、もっと正攻法で行う様に
⇒顔に自信を持つこと
⇒牛嶋3兄弟では一番センスあるんだぞ!

■大橋 海寛 (優勝)
⇒試合の決着が早すぎて殆ど見ていないけど、グランド技をもっと覚えて自分の武器をつくること
⇒試合の時の目つきはずいぶんと良くなっている
⇒まだまだレスリングはタイガー1の伸び率です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。