強化@何の練習をしているのか意識する
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強化@2010年05月24日(月)
場所@北稜レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@強化練習(マット練習)

---------------------
■ひとこと
5月も終盤に突入しましたが今年の5月はジメジメとした感じで雨も多く『五月晴れ』って言葉を疑いたくなる様なものでした虎児達も最近は月曜日の強化練習でも当たり前の様に練習に参加する人数が増えてきています

■練習内容
・準備運動~マット運動
・組み手~タックル打ち込み
・ガブリ防御からの巻き

---------------------
■ガブリ防御からの巻き
ガブられた場合に、ガブリのクラッチが甘く上体の上の方に乗っかっている場合は・・・
①ガブられている方の肘を引き込む(通常と同じ)
②頭を上げ目線は前方上側(通常と同じ)
③反対の腕で相手の腕を掴む(持って行き方はコツが要る)
④膝を反対側に滑り込ませながら反転する(これもちょっとしたコツが要る)
⑤それでも相手が頑張った場合は、逆サイドへ(応用です)
これは、だらだらと行えば逆に相手に対して2ポイントが与えられるので一気に行こう!
相手と反転したら相手の肘、手首を絞ってしっかりとフォールしよう!

ガブリ防御の場合、大半は頑張る事しかしていなくて下からも攻撃する事を覚えよう!

■何の練習をしているのか意識する
今、何の練習をしているのか意識する事がとても大事です
適当にやっているのでは覚えないし、覚えないと次の技へ進むことが出来ません
指導されている事を理解する様にしてください

意識していない練習の代表例を挙げると
・両足タックルの技術練習をしているのに、片足タックルに入っている
・ガブリ攻防の練習をしているのにローリングを行っている
などなど

技術的な細かい部分で間違っているのは仕方ないけど、練習そのものを間違っているのは全く話を聞いていないし見ていない証拠です

誰が一番損をするかと言うと本人です

■返事は大事
人数が多くなってきているので誰がどの技を知っていて知らないのかと言うのが指導者側としては判断がつかなくなってきています
だから、指導された時には返事が大事です
理解できれば『はい!わかりました』
理解できなければ『わかりません』
わからなければ『教えてください』

と、ちゃーんと言って下さいね

---------------------
■保護者からのコメント
全国大会まで2ヶ月と迫りました
自分で目標意識を持って練習に取り組んでください

■保護者会の動き
全国大会の申し込みに向けて体重を計測してます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。