強化@相手の癖を知る
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強化@2010年04月12日(月)
場所@北稜道場道場
時間@19:00~20:30
内容@強化練習(マット練習)

---------------------
■練習内容
・準備運動~マット運動
・タックル打ち込み
・タックル倒し
・片足タックル技術練習
・幼年組(構え~タックル)

---------------------
■準備運動~マット運動
準備運動~補強トレーニングまでをDAIKIが指揮
周りに同意を求めながらの指揮となりなんかまとまりがつかない様な感じでした

6年生なんで、リーダーシップを発揮して皆を纏め上げるようにしていこう!

マット運動補強ではキャプテンKOUHEIが指揮しました
全体的には良かったが、声を大きく張り上げればもっと良くなります

■片足タックル技術練習
①頭が中の場合(一般的)
②頭が外の場合(持ち替えなどに有効)
③両足タックルの応用で片足タックル

要点としては、一番近い足にタックルをすることが重要です

そして、一番大事なな事としては「相手の癖をいち早く掴む」事です

足裁きを見て、癖を掴めばタックルに入るタイミングなどが見えてきます

無鉄砲にタックルに入っても潰されるのは、このタイミングを図っていないからです

また、相手の心を騙す事も大事です

右、右、左と同じタイミングでフェイント⇔タックルをすれば良いのです
このあたりを頭で考えて練習する様にすれば中身の濃い練習となります

フェイントと同じスピードでタックルに入る様になりましょう!

■怪我したときは・・・
怪我した時には見学したり、他の練習をする為に道場に来ることはとても大事です。

MICHIKA、MIZUKI二人とも同じ左手を痛めており練習前に坂口先生からテーピングで固定してもらって練習に参加しました。
この気持ちはとても良いものです
二人とも痛かったと思うけど、よく頑張って練習をしたなぁと思います

全身怪我してなければ皆と同じ練習は出来ないが他の練習は出来る。

見学でも良い
目で見て日頃使わない頭を使う事で、頭が活性化する

■3年生からは新ルールです
逆転フォール負け・勝ちとなります
押さえられた時は簡単にフォールされない様にする事
チャンスは逃さずフォールする

三年生からはフォールがあるので意識して練習に取り組んでください

■幼年組みの練習
幼年組はタックルスピード練習を行いました
1・2・3
マット以外でも練習出来ますので、家とか保育園に行く時に実施してください(あんまり前に進まないけど)

---------------------
■保護者からのコメント
今日練習した技などはスパーリングの時に試してください
チーム内では皆の癖がばれているのでワンパターンな攻撃では見破られてしまいかかりません。
頭を使って考えてバリエーションの多い技を出して練習してください
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。