5年生が練習指揮
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常@2009年11月25日(水)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の前半一時間は指導者が不在だったので、5年生のRYUSEIとNOBUKI 2名を中心に柔軟、マット運動、打ち込みを実施していました。
道場に入ると、なかなか良い雰囲気で練習をしていました。
ーーーーーーーーーーー
レスリングでは構えがとても重要であり、勝敗の半分がそれで決まると言っても過言では有りません。
構えが高い位置だと自分の懐(ふところ)に相手が簡単にタックルで入ってきます。
組み手が悪いと、相手の良いように振り回されてしまいます。
フットワークが出来ないと、タックルの攻防でタイミングがズレてしまいます。
打ち込みやスパーリング時にはしっかりと意識して構えを作って練習に望んでください。
ーーーーーーーーーーー
攻撃は最大の防御なりと良く言いますが、その通りですね。
相手と握手をしてから始めの行動を防御に徹する選手を多く見かけます。
いきなりタックルに飛び込む事とは違うのですが、後ろに下がらずに低い構えで自分の組み手をし、相手よりも先に先取点を取るには攻撃しか有りません。
私の場合は相手の腕を振ると言うパターンでいつも始まります。
自分のパターンを持つことはとても有効です。
ーーーーーーーーーーー
インフルエンザがクラブ員にも拡大してきました。
予防策を各自が意識して行きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。