北九州大会ビデオ指導(2年生以下)
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強化@2009年11月23日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@16:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
北九州大会のビデオ鑑賞を16:00から行います
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は、昨日の北九州大会のビデオ鑑賞を2年生以下で行いました。
3年生以上は、技術練習を行いました。
また、本日は祝日でもあり練習開始時間を16:00から行ったので、3時間みっちりと練習が出来ました。
ーーーーーーーーーーー
ビデオ鑑賞では、一人ひとりの試合を鑑賞しながら、良い部分悪い部分を何度も繰り返し見ながらアドバイスを行いました。
特に目だった共通点として
・構えが高い
・頭が下がっている
・組み手を外側から組んでいる
・脇が甘い
といった事ですが、これらは全て基本的なレスリングに不可欠なものです。
ビデオ鑑賞の後に、足にマジックテープを巻いたゲームを行うと、必死にテープを取られまいと低い構えで勝負が出来ています。
その後に、1ポイント勝負を行うと、別人の様な低い構えでタックルもものすごく勢いがあった。
つまり、低い構えは全員が意識をすれば出来るのです。
島原大会までは、この練習方法を取り入れて行きたいと思います。
ーーーーーーーーーーー
3年生以上は、技術練習を行いましたが、この技術練習こそ強くなる為の秘訣なのです。
技術練習は派手な練習とは対照的にとても”つまらない練習”です。
しかし、このつまらない練習を黙々とやり遂げてこそ基本が身につくのです。
世界選手権のチャンピオンなんかでも、試合で一度もタックルを出さずに勝っている選手でもタックルの練習は人一倍練習をしているのです。
将来オリンピックや世界選手権、全日本選手権、大学選手権、インターハイでチャンピオンになる為には、今の時期の基本がとても大事となります。
タイガーキッズでは、スパーリングで技を覚える様な考えは無いのです。
技は技術練習で
スパーリングはその技を試す場として考えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。