集中したタックル
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常@2009年10月17日(土)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@17:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の練習では、相手がフェイントを掛けたり、組み手の位置が少しでも変わった場合に、瞬時にタックルに入る練習をしました。
この練習では、何よりも「集中」が大事となってきます。
また、一連の練習として組み手争いから、タックル切りの練習をしましたが、だらだらと練習している選手が多い中で、RYUSEIとRYUTAは試合でもしているかの様な組み手争いからタックルの攻防をしていました。
これぞ正(まさ)しく試合の為の練習です。
始めの集中もそうですが、練習の為の練習では無く、試合の為の練習をしなくてはいけません。
ーーーーーーーーーーー
練習の後半に1ポイント勝負を行いましたが、HIROYUKIが凄まじいタックルを連発!
デビュー戦がとても楽しみです。
ーーーーーーーーーーー
今日、岱明町から年長さんが見学に来てました。(坂木先生の紹介)
早速、入部届けを受けとっていかれました。
5年生、3年生の後には幼年組が大量に控えていますので、今後どんな子が化けるか解りませんが、新入部員続々と増加中です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。