きつい練習の時こそ力が付くんだぞ!
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体力@2009年9月26日(土)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日はいつもより気温が2~3度程低かったので殆どの選手はタイムが1分~2分程早くなっていた。
ーーーーーーーーーーー
筋力や体力の話をしたが、「意識をする」事が何よりも大事です。
坂道を走る時に何処に一番負荷(きついのか)がかかっているのか?
足?
では、足の何処なのか?
・・・・・
ただ「きついなー」と思って走っているだけでは50%しか体力は着かない。
具体的に走りながら、「今、足の太ももの内側の筋肉が」
「親指の間接の」
「右足の」
「筋肉が伸びた縮んだ」
「心臓がドクドクと」
と言った様に具体的にそこの部分を意識してトレーニングをすると100%~120%の効果が出ます。
ーーーーーーーーーーー
泣きながら走っても「きついだけ」で力は着かない。
きつい練習をしてこそ、歯を食いしばってこそ自分の力が身につきます。
相手に勝つ前には自分の弱さに勝たねばいけない
ーーーーーーーーーーー
インターバルでもラスト30メートルでダッシュが出来る様では「まだ力を全部出して走っていない証拠」
余力を持った走りではライバルに追いつけないよ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。