なぜ先生は怒鳴るのか?
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常@2009年9月19日(土)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@17:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
スパーリングの後に一分間の試合を行ったが、スパーリングとか打ち込みでは見せ無い様な思いっきりのいいタックルに入れている選手が見受けられた。
いつも言っている通り、練習は試合のつもりで、試合は練習のつもりで行うこと。
先生達がいつも練習で怒鳴るのは、その選手はその技が出来ると知っているから怒鳴るのです。
坂口先生がいつも言っている様に「まぐれ」なんてものは無い!
その技が出来る能力があるから出来たんだ。
ただ、まだそれが10回に1回とかしかできないでいるだけ。
後は、それを何時でも出来るように練習をすること
ーーーーーーーーーーー
明日から2日間練習試合を行うが、挨拶が大事
試合前には「お願いします」終わったら「有り難うございました」
ちゃんと言える事が試合よりも大切です
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。