全身で相手の動きを読め!
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月4日(土)と7月6日(月)に練習があったのですが、北九州合同練習と全国少年少女レスリング選手権大会の保護者打合せをしていたので練習を見ることが出来ませんでした。 m(__)m

練習内容

① 全学年 : 柔軟、マット運動 

② 技の練習

上級生
ローリング防御
相手の攻撃を背中で感じて、素早く反応(防御)しないとダメ!
防御する人、攻撃する人は攻撃する人の動きを体全体、背中全体で感じて相手の動きを予測をて攻守をしないと強くならない。

ネルソン防御
防御する人は、首と肩に相手の腕が入る隙間を作らない。   
首と肩を素早く動かし、攻撃する人の腕が入らないようする。
背中で相手を感じて攻めを予測する事が大事である。
        
ネルソンの仕掛け方(応用)
上級生になれば、ネルソンは決まらないけど、いろんな技をフェイントととして使えば
簡単にネルソンを仕掛ける事が出来る。
(先生の技が素晴らしく、見入ってしまいコメントが書けませんでした。

下級生
ローリング、ネルソンの仕掛け方
しっかりクラッチを組み、斜め前方に廻す。横に廻すと無駄な力が必要になる。

*下級生は、先生の話を聞くように! 
  「技の手本(実技指導)」の時には先生を見ること!!
  目上の方に対して失礼である。


③ 全学年 : スパーリング 6本 全国大会参加者は6本とも入れ!

*攻撃は途中でやめない。点数が取れるまで動き続けろ!
いいポジションにいて点数が取れないのは、負けに等しい。
道場内が暑くてジメジメしているので動きが緩慢になるのは理会できるが、ここを乗りきらないと試合時にも同じような動きになる!

⑤ 全学年 : 上級生と下級生が組んでタックル打込み
⑥ 全学年 : 整理運動      

坂口先生より
幼年がマット以外の場所を走って、つまずいてケガをしました。
最近、マット以外でケガをする人が多い。
練習時間中は、サボらないで、マット内で真剣に練習してください!

大野先生より
スパーリングの3分間、自分の力を100%使うこと。タックルで例えると1回のタックル毎に100%の力を使いなさい。スパーリングのときに、残りの時間を気にしながら、体力を温存しながら、計算しながらのスパーリングはしない。試合なれば100%の力が出せずに負けてしまう。
一つ一つの技に100%の力を出せば、力もつくし、体力も付きます。
スパリング=試合と思い真剣に練習に望むようにすること。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/465-7ac170a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。