アンクルホールド
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
◆柔軟・アップ
◆タックルの練習
その①
右手足を相手の右膝内側にタッチ、すぐに相手左ひざに右腕を巻きつけるように引っ掛ける。同時に足は膝をついて、相手後ろに滑り込ませるようにして体を回り込ませる。
その②
相手右膝にタッチ、すぐに相手左足を右腕で取り、左腕に持ち替えて、相手右足の膝の裏を右手で引き付け、すくい上げるように倒す。
※利き手・足を同時に素早く出すのがポイント!


◆アンクルホールドの練習
相手がうつ伏せになっている状態で、相手の左横に座る。
左足を相手の両足の下に伸ばす。
相手の右足を取り、自分の右太ももと右脇でしっかり挟む。
相手の左足を取り、相手の右足の上に交差させるように乗せる。
自分の右腕を相手の左右の足の間に差し込み、腕を曲げて相手の左足を右腕で引き寄せるように抱え込む。
下から自分の右足、相手の右足、自分の右腕、相手の左足の順にサンドした状態になる。
その状態で相手をまたがるようにして、相手をひっくり返す。さらにもう1回またがって立ち上がる。
※右手を離してもいいように、右足と脇で足を挟むのがポイント!
※ネルソンと同じようにしてまたがるのがポイント!

◆幼年組はサンドバッグを使ってのタックルの練習

今まで練習しなかったアンクルホールドを坂口先生に教えてもらいました。
先生の相手になって見本を見せてくれたアキちゃん、あまりの痛さに「イテテテー!」と悶絶していました。この技はかなり痛そうですね。^_^;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/37-c26ad220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。