相手の気持ち
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
・掃除、柔軟
・グラウンド、腕取り、ネルソン
・組み手、ガブリ
・柔軟、掃除


坂口先生のお話…
相手の気持ちが分からないと、技がかからないぞ。
相手が「やばい、来る、来る、くる…」っていう気持ち、それが分かるようになったら技がかかってくるようになる。
スタンドでもグラウンドでも同じ。
相手の裏をかく、相手が思っている事とは違う動きをするというのがとても大切なんです。
例えば、「タックルが来る、来る…」って相手が思っている時は、タックルなんか全然入らないで投げる、とか。
「右足に来る、来る…」って相手が思っている時は、左足に入ったり。
相手の不意を衝いた動きだな。
そういうことができるようになるには、相手の気持ちが分かっていないといけない。
「相手が今、どう思っているか」そのことを考えながらやれるようになるとすごくいいな。

荒木先生のお話…
自分の得意技を上手にできるようにしておこう。
接戦で時間がない時に出る技は自分の得意技だ。得意技を持ってれば、いざという時に強いです。
一人ひとり体格も違うので、それぞれやり方も得意技も違うと思います。自分に合っている技を見つけて、それを自分のものにしてください。

保護者のお話…
試合まであと3回練習ができます。その3回の練習で得意技が出せるようにきちんと練習していきましょう!

今日は山本君と矢野君が練習に参加してくださいました。ありがとうございました。

保護者会の動き
土曜日に徳山大会の交通費を集めますので用意してきてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/298-3b857ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。