アンクルホールド
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
・柔軟、腕立て伏せ、マット運動
・アンクルホールドの練習
・幼年・初心者組はタックルの基本練習(足運び・勢いのあるタックル)
・サイドステップ
・スパーリング
・整理体操


坂口先生のお話…
だいぶん涼しくなって練習しやすくなってきましたね。
今日は高校生の山本君と矢野君にアンクルホールドを教えてもらいましたね。
教えてもらった技は使えるようになるまで、何回も繰り返し練習することです。
そうやって自分の技にしていきましょう。

習った技を上手に使えるようになる方法、教えようか?
強くなるためには自分より強い相手と練習するのがいいよね。
技を覚えるためには、技をかけやすい相手、つまり自分より少し弱い相手とか学年が下の相手とすると、技を何回もかけられるから体で覚えやすい!
回数をこなすことが大事ということ。


大野先生のお話…
スパーリングでワーワ泣いていた人もいたけど、泣いてても誰も何もしてくれないよ。
マットの上では一人でなんとかしなくちゃいけないんだ。
それに早く気がついて、自分は何をしなくちゃいけないのかを考えてやってください。

先生は明日から四日市ジュニアで修行してきます!(笑)


荒木先生のお話…
スパーリングしていた時に、さっき教えてもらったばかりのアンクルホールド使えたかな?
習った技を得意技にしてほしいです。
自分の得意技で勝つとまた一段と嬉しいものです。
反対に、相手の得意技で負けると、とっても悔しいです。

この前、大野先生と試合をして、大野先生の得意技をやられたから、先生はとっても悔しかったです。
その夜は眠れなかった。
帰ってからお酒をいくら飲んでも、駄目でした。悔しくて眠れない。
そして、自分はレスリングがとても好きなんだなぁってことにも気がつきました。

みんなも負けて悔しかったら、もっと強くなろうと思うはずです。
そうやって強くなっていくのです。



練習の後、大野先生からスイカの差し入れがあり、みんなでたくさんいただきました!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/231-03939eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。