タックルが一番
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
・掃除
・柔軟、腹筋、腕立て、背筋など
・差し、スタンド腕取り、タックルの練習
・スパーリング
・1ポイント勝ち抜き戦
・バタ足など、整理体操
・掃除


荒木先生のお話…
スパーリングや1ポイント勝負したけど、技がよく出ている人と出ていない人の差がある。練習量の差だと思います。
ついこの前まで、航平と太希は同じくらいの力で、どっちが勝つかわからないくらいだったのに、今では航平は圧倒的に強くなっている。
少しの間にこれだけの力の差ができてしまっている。
弱い人は強い人とどんどんやると強くなります。
航平は工業高校へ行ったりして、練習を積んできたりして、強くなってきた。
太希も弱い人ばかりとやっていてはダメだぞ。
強い人は弱い人や学年がしたの人とやる時は、怪我をしないように気をつけてやってください。
この前の練習でも言ったけど、全国大会まであと実質1回しか練習できない。
くれぐれも怪我をしないようにね。


大野先生のお話…
佐賀で開催されているインターハイを見に行ってきました。
どの階級のどの試合でも、顔を下げている人が負けていました。
勝つ人は必ず頭を上げています!どんな不利な体制になろうとも、顔を上げています。
必ず相手を見ています!

そして、玉名工業高校の74kg級小澤黎洋選手の両足タックルが一番きれいでした。
レスリングは何と言っても、タックルが決まるのが一番です。
自分から攻めてタックルを決めて勝つ、それができる選手が一番良いです。
みんなもそういう選手を目指してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/220-6f2c66df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。