礼儀も身につけよう
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
*ランニング、柔軟、マット運動

*サシの練習
・相手に体重をかけて!(自分のためにも相手のためにも!)
小指を上に向ける!(自然と脇が締まる!)
・腕を伸ばす時も小指を上にして、伸ばす時にも力を込めて差し込む。

*スパーリング
・1人につき何人も当たる形式



大野先生のお話…
マットの周りでおしゃべりして和気あいあいとするのもタイガーキッズのスタイルで、いいところでもあるんだけど…
1対1でやってる時は、しゃべらないで真剣にやれ!
人が教えてる時は、よく見ておくこと!
真剣にやらないと、怪我をします。
相手のためにも自分のためにも、真剣にやってください
ただ、やっているふりをするだけだったら、強くなれません。


荒木先生のお話…
最後にスパーリングしたけど、試合に近い形式でしました。
特に最後の方は1人をずっと残しておいて、何人も当たってくる。
1分間だけど、相手は元気がいいし、ものすごくキツイ。
健士朗くんは「1点を取るまで」と言われたけど、なかなか点が取れずに泣きながらしていたね。
これは練習だから泣いていてもいいけど、試合だったら延長戦みたいなもの。
1点取れなかったら負けてしまうよね。
そこで踏ん張れる力を付けておけば、試合でも頑張れる。


保護者のお話…
最近、TVなどで、駅伝を見る機会が多いですね。
それを見ていると、走って来てタスキを次の人に渡した人が、それまで走ってきた方向を振り返って一礼していました。
それを見て、とても気持ちが良かったです。
競技の結果も大切ですが、そういう礼儀もとても大切です。
タイガーキッズのみんなは道場に入ってくる時に、どうしていますか?
靴をきちんと揃えて入ってきた自信のある人?(上級生を中心に手が挙がる。
今日、きちんと揃えられなかったなぁーという人は、次の練習の時にはきちんと揃えてください。


保護者のお話にもあったように、子どもたちには礼儀がきちんと身に付いた人になって欲しいですね。
それを聞いていて思い出しましたが、先日案内があった「JOCジュニアオリンピックカップ」開催にあたって、全国少年少女レスリング連盟 理事長の今泉雄策氏が書かれた文章の中に『試合のマナーの指導も大きな目的』という言葉がありました。
全文→【JOCジュニアオリンピックカップについて



次回の練習時間の変更
1月27日(土)16:00~17:30
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/168-8bf984e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。