試合のビデオ
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日にあった宮崎康治杯の試合のビデオを見ながら、動きを復習しました。

*(下の人)つぶされずに立ち上がる方法
*(上の人)腰骨を肩より下にして相手の手を切る
*持ち替えタックル
*グラウンドの練習


坂口先生のお話…
お前らは天才じゃねぇんだから、技を覚えるのには1回くらいでは覚えないから、何回も何回も練習して覚えなきゃダメだぞ!
アジア大会では、吉田沙保里選手がの動きがとても早かったのを見た人いるかな?
タックルの動きとか回り込む速さとか…素早い動きを参考にしてください。

この前の試合のビデオの続きは、次回の練習でも見ようと思います。
勝った人は、他の選手のいい動きを参考にしてください。
負けた人はどうしてポイントを取られたのか、どういう動きがいい動きなのか、どうすればよかったのか、そういうところを見てください。

練習前に掃除をしてたけど、上手に箒を使えていたのは、ひかるだけ。
埃を巻き上げるような掃き方はダメだぞ!
ひかるに箒の使い方を教えてもらえ!


大野先生のお話…
日曜日には餅つき大会をします。
練習も少ししますので、準備してきてください。
予定が入っていて、どうしても来れない人もいると思いますが、無理はしなくてもいいです。
それから、もうすぐ通知表をもらう時期ですね。
自信がある人は先生のところにもってきて見せてください。


荒木先生のお話…
島原で大会終了後、負けた人は外でダッシュしただろう?
あれは、負けたことを忘れないためにもしたんだぞ。
アジア大会で浜口京子選手は銀メダルだったけど、負けたからすぐに腕立てをしてました。
負けた悔しさを自分の体にも覚えさせるためにもそういうことをやってるんです。
みんなも負けた悔しさを忘れずにいてください。


保護者のお話…
レスリングの技をたくさん知っていても勝てなかったとします。
何故でしょう?
例えば、算数の計算はとてもできるが、算数の文章題が全然できなかった人がいる。
なぜなら、その人は文章の意味が分からなかったから。
算数の問題を解くにも、基本となる国語ができないとできないということ。
レスリングに例えると、技を知っていても、勝ちたいという気持ちがないと勝てないのです。
練習中にはうまくできなくても、本番で強い人もいるし、
反対に、練習中にはうまくできて、本番になると緊張して自分の動きができない人がいるけど、
そういう人は負けない気持ちを持てるようにするための練習をしないといけないと思う。
例えば、練習で大きな声を出すとか、自分より強い相手と練習するとかいうのは、勇気がいることなので、自分が強い気持ちを持つための練習になります。(度胸付け!)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/155-103054d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。