ガブリの練習
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜日の練習に引き続き、ガブリの練習をしました。
※管理人は水曜日の練習に参加できなかったので水曜日の日記はお休みしてしまいました。

今日の練習
・掃除(掃き・拭き)
・ランニング
・柔軟、マット運動

*ガブリの練習
・時計回りにステップを踏む。
・左肘をマットに着けるような感じで、体重を乗せながら回り込むと、力を入れなくても相手が崩れる。

*ガブリ返しの練習
・タイミングを見計らって、左肩と左足を同時に体の下に勢い良く回転するように滑り込ませる。

*ガブリから足首を取る練習
①右手を相手の首の後ろにかけて、体を小さくして相手の頭と足首を近づけるようにして、左手で相手の右足首を持つ。
②相手の足首を右足側に、頭を左側に力を加えると、相手が倒れやすくなる。

*ガブリから腕を抜く練習
・腕は内側にひねるように。
・力を抜いて!

・打ち込み
・ランニング
・柔軟など自分の好きな運動1分間
・掃除(掃き・拭き)



坂口先生のお話…
今日は暖かかったけど、12月の試合の時はとっても寒くなると思うので、いつものことながら体調管理をきちんとしておいてください。


大野先生のお話…
前から言っていることだけど、練習はふざけないでやりましょう!
ふざけている人は試合に出しません。
この前の試合で負けた人は特に「どうやったら勝てるのだろう?」と考えながら練習してください。

今日、先生たちは昼間ゴルフに行ったんだけど、坂口先生は後半になるとだんだんとレスリングの練習のように厳しくなってきて、荒木先生がミスショットすると、「走らないと上手になれない!走れ!」と言って、カートに乗せてくれませんでした。(坂口先生苦笑い)
先生も高校生の時に、遠征に行っていて試合に負けた時には、帰りのバスには乗せてもらえませんでした。
宿泊先まで走らされていました。
とっても悔しかったです。
次は絶対に勝とうと思いました。

以前、航平君は試合で負けた翌日には坊主頭にしてきてましたね。
そうやって悔しかった気持ちを忘れずにいることも大事ですよ。


荒木先生のお話…
今日、先生はゴルフでちょっと負けてしまいました。
悔しかったです。
前は大野先生よりもいいスコアだったので、油断していました。
勝ったからといって油断しているとこうやって負けてしまいます。
次は練習してまた勝ちたいと思っています。
みんなもね、この前負けた人は悔しかったと思います。
だから、みんなよりも練習して勝てるように頑張ってください。


保護者のお話…
この前練習の終わりの挨拶の時に、きちんと「礼」ができていなかったの、覚えてる?
今日はきちんとできるかな?

やっぱり何人か「礼!」と言って顔をきちんと正面にしないまま、走り出す人がいたので、やり直し!
次は1回できちんと挨拶できるようにしようね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/148-6a01336e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。