ビデオで反省
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前の北九州大会のビデオの続きが残っていたので、それを見ました。
試合で良かったところ、悪かったところをチェックして、先生から”どうしてそれが良いのか悪いのか”を解説してもらいました。

・頭が下がったまま突っ込んでいくと、ひっくり返される。
・後ろに下がったらダメ。
・右手の組み方が深いので、守れるけどタックルには入れない。
・左腕の防御が良いので、相手の攻撃を抑えてる。
・きちんと押さえるべき時に押さえていないと、思わぬところからポイントを取られてしまう。
・足首に正面からタックルしてるのが上手。
・手を組み替えずにそのまま次の技へ持ち込める時もある。

…などなど。


今日の練習
・掃除
・柔軟、マット運動、ダッシュ
・ビデオでチェック&反省
・打ち込み
・掃除


荒木先生のお話…
この前、坂口先生が宿題を出していましたね。
何だったかな?(腕立て、腹筋、スクワット各々100回)
ちゃんとやった人?(何人かは手が上がりませんでした。)
この前は「できません」って言ってた人も手があがっていましたね。
100回はできなくても何回かはみんなしたと思います。
他の人より少しでも上手になりたいと思う人はちょっと多くやってみるとか、自分でどんなことができるか考えてやってみてください。
体が硬い人は柔軟でもいいです。

それと、関東のクラブの監督さんで72歳の人がいますが、今でも中学生とかとスパーリングしたりしています。
何歳になってもレスリングが好きだからできるんです。
みんなにもレスリングを好きになって欲しいと思います。
上手になりたい、強くなりたい、と思うでしょうが、すぐには上手になりません。
誰でも最初からは上手ではありません。
まず、好きになって、次にだんだんと上手になっていきます。


保護者のお話…
みんながビデオを見ている姿を後ろから見ていました。
一番見ている態度が良かったのは2年生、次に4年生、次に1年生…。
幼稚園の子たちはまだ見るのは上手ではありません。
でも、上級生はもっと真剣に静かに見て欲しいです。
練習中に「声を出せ!」というよりも、黙って見てる方がすぐにできることだと思います。
特に上級生、下級生の手本となるようにしてください。

そろそろインフルエンザの予防接種の時期になりました。
体質的に予防接種できない人もいると思いますが、予防接種しておくと安心ですので、なるべくしておいた方がいいと思います。
できない人もインフルエンザや風邪の予防をするように気をつけておいてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/146-0461d1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。