北九州レスリングフェスティバル
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006北九州開会式
11月4日(土)・5日(日)に北九州市TOTO体育館で今年度の第5回北九州レスリングフェスティバルが開催されました。
一昨年、昨年は3月開催でしたが、今年は秋に、そして場所をTOTO体育館に移し、全体で26チーム、244名のジュニア選手と14名のマスター選手が参加して行われました。
遠くは滋賀県や奈良県からの参加もありました!

タイガーキッズからは19名の選手と3名(うち飛び入り1名)のマスターズ選手が参加しました。

ABCそれぞれのマットで試合が同時に行われ、おなじチームで試合が重なる時間帯が続いたりして、全部の試合を全員が応援することはできませんでしたが、できる範囲で精一杯の応援しました。
タイガーキッズは幼年や2年生が多いので、どうしても同じチーム同士の対戦になる場面もありました。
そんな時は「どっちも頑張れ~!」と言うか、黙って見守るかのどちらかになります。

高学年の子はチーム内に同じような体格の子がいないので、”ガブリ経験不足”や”弱気”や”基礎体力不足”などの問題点が見えてきました。
全体的にタックルをしっかり決められない選手が多いので、もっとタックルを練習しなければならないなぁと感じました。


◆特に気になった試合は…
◎大貴君は延長戦でも決着がつかず、”タックルなどで積極的に攻撃していない”と判定負けしまいました。
この後、大貴くんは閉会式が始まるまでの自由時間に、対戦相手だったマイトリーレスリングクラブ(鹿児島)の安楽くんをつかまえて延々と練習をしていました。
こういうちょっとした時間を利用して、いつもとは練習できない相手と練習するのは大事なことですね。
(安楽くんありがとうございました!)
安楽くんは最優秀選手賞(全選手の中から1名選出)を受賞していました!!1年生ながらスゴイ!

◎龍晴くんは延長戦が2回もあり、応援にも力が入りました。
残念ながら負けてしまいましたが、あまりのいい試合ぶりに涙が出てきてしまう保護者が数名いた程でした。
今グングン成長中の選手です。楽しみです!



試合をするのは7月の全国大会や5月の九州大会以来のことでしたが、白熱した試合も多く、みんなの成長が見られ、嬉しくなりました。

マスターズのエキジビジョンマッチも行われ、タイガーキッズからは大野先生、荒木先生、嶋村先生が出場されました。
子どもや保護者の声援やヤジや歓声の中、どの先生も試合を楽しんでおられました。
嶋村先生は学生チャンピオンになったこともあるそうで、身が軽くて、素早くて、「オオーッツ!(すごい!)」っと声が上がりました。

いずれは、マスターズにも初級コースを設けるなどして、誰でも参加できる大会にしたいという挨拶の言葉もあり閉会しました。



坂口先生のお話…
(ひとりひとりアドバイスをもらいました。)
みんなとても上手になってきています。
今言ったことをしっかり考えて練習していきましょう。
あとは気持ちで負けないこと!
「試合」と聞いたら、気持ちをパチン!と切り替えないといけないぞ!

大野先生のお話…
この前の九州大会からすると、みんなは格段に上達してきています。
これをこのまま続けていきましょう。

荒木先生のお話…
先生もレフリーで賞をもらいました。
やっぱりこういうのを貰うと嬉しいです。
マスターズで試合に出た時、みんながヤジを飛ばしていたけど、先生はレスリングが大好きだから、やめません。
みんなも勝つことも大切だけど、レスリングを好きになってください。

保護者のお話…
練習で一生懸命練習している人は、そのとおりの結果が出ていました。
レベルが下がっている人はいないけど、上手になっている人はとても良くなっていました。


北九州レスリングクラブの皆様、準備に運営にとお疲れ様でした。とても楽しかったです。
先生方、保護者の皆様のおかげで無事大会日程を終えることができました。
宿の手配、バスの手配、運転も大変お疲れ様でした。

※成績については、後日UPします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tigerkids.blog57.fc2.com/tb.php/142-41e93f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。