2011年02月
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、やってもーたー ・・・・

ブログ 放置 ・・・ 

読んでくださっている方々がいらっしゃるのに ・・・

ブログ放置してから本日書き出すまでの間に分かったことがありました。

「タイガーのメンバーも待っている事」
「放置され更新されていないと分かっていても毎日見ている人がいる事」
「他のライバルチームも読んでいる事」
「タイガー選手の遠くの家族(祖父祖母)が近況を楽しみにしている事」


今までは、単純にIT系が好きだったこともあり、前任の管理者から引き継いだときに書き続けていましたけど、あくまで自己満足の世界でした。

しかし!

今回、放置して「読み手が待っている」と言うことがわかり、これからは、その方々の為に、TKWCの情報配信を行っていきます。

よろしくお願いします。

とりあえず、放置期間の出来事を羅列すると・・・・・

■12月26日~28日
上級生5名による九州NTS高校生強化合宿に参加
⇒全国を7ブロックに分けたNTSトレーニングプログラムの九州地区(宮崎)に中学生2名と小学6年の4名を引き連れて参加してきました。
航平、裕也、大貴、惟希、龍晴、健士郎
⇒朝練習は、早朝練習として05:30よりランニングを行い、09:30からマット練習、14:00から午後練習を行い、夜間は日本を代表する選手の講演会にも参加しました。講演会は笹本選手、鈴木選手の2選手より行われました。
⇒合宿最終日には高校生はAM05:30より他県との練習試合を行っており、以前全日本で実施されていた24時間365日レスリングを思い出しました。
TKWCの選手にとって、とても良い経験が出来たと思います。
↓↓↓ 合宿所の2段ベッド12名部屋
 DVC00009.jpg
↓↓↓ AM05:30 からの早朝練習
DVC00005.jpg  
↓↓↓ 朝からてんこ盛り
DVC00004.jpg


■12月27日
山梨からの幼年チャンピオン来熊
⇒この日は山梨から関東幼年大会年中の部チャンピオンがうちの練習に来てくれました。
流石!って言葉が当てはまっていたと聞きました。
⇒2年後の全国大会では、きっとうちのチームの誰かと対戦する事になるんでしょうね。
是非とも決勝戦でやりたいですね。

■12月29日
道場の大掃除
⇒1年間のホコリを皆でせっせと払い、日ごろやらないところまで綺麗にしました。
最後はお飾りをつけて・・・完了!
さーこれで、今年一年も終わりです。
って訳にはいきません。
ぎりぎりまで練習しまーす。って事で、その後も練習を行いました。

■1月3日
初稽古&今年の言葉
⇒新年明けましておめでとう御座います。(って、ブログ書いてるときは既に2月の最終日・・・)
恒例の指導者から選手一人ひとりへの今年一年間の目標と言葉を贈ります。
☆H23年の目標『幼年組』LINK
☆H23年の目標『小学新1-2-3年生』LINK
☆H23年の目標『小学新4-5-6年生』LINK
☆H23年の目標『中学-高校組』LINK

■1月21日
熊本県立玉名高校付属中学校合格
⇒うれしい知らせが飛び込んできました。
倍率4倍の競争を勝ち抜いた選手が居ました。
本年から新設された付属中学校にうちのクラブから合格者が出ました。
文武両道?
この中学校にもレスリング部創設を願う。

■1月22日(土)~23日(日)
広島レス、東長崎レスとの合同練習
この日、広島レスリングクラブと東長崎レスリングクラブとの合同練習を行いました。
練習試合も数多く行いました。
広島レスとの合同練習はこれで2回目です。
ほんと、遠いところ有難う御座いました。
次はうちから遠征させて頂きます。
また、東長崎レスは帰りはユキの影響でかなりの時間をかけて長崎まで帰られたそうで、大変お疲れ様でした。
各クラブ、いろんなキャラが居てとてもユニークです。
大会で会うのが非常に楽しみです。
これからも良きお付き合いをよろしくお願いいたします。

■1月30日
関西幼年大会
初のTKWCから関西幼年大会に参加しました。
前日の土曜日から参加家族と選手に坂口監督と大阪に行き、参加家族はUSJで大阪を満喫してた様です。

試合結果は以下となります。
年少_三浦 修矢  ⇒ 優勝
年中_石原 弘太郎 ⇒ 2回戦敗退
年長_石原 弘幸準優勝
年長_木山 樹3位
年長_中西 広耀優勝
※特集記事はコチラからどうぞ、画像もあります。

■2月10日
TKWC中学生の進路(合格発表)
中学3年の山本航平君、友田裕也君は両名とも、無事に熊本県立玉名工業高等学校に合格しました。
当然、レスリング部に入部し、全国を目指すとの事です。
玉名工業レスリング部は、このサイト管理者や荒木先生が高校生の頃に立ち上げられた部であり、今年で21年目を迎えます。
インターハイや全国選抜でも2位、3位など団体入賞しており、個人戦においても国体を含め多くのチャンピオンを輩出している名門だといえます。
とにかく、おめでとう!
TKWC内の卒業式は別に、盛大に、行います。

■2月12日
長崎/大村工業へ遠征練習
玉名工業高校野球部のバスをお借りして長崎県立大村工業高校のレスリング道場で合同練習を行いました。
練習はスパーリング中心の2回練習を行い、高校生も大村工業の生徒と北稜高校の生徒で行いました。
段取りをしていただいた東長崎レスクラブの先生、皆様!
大村工業の皆様!
有難う御座いました。

~ 道中 帰り編 ~
往路は、九州自動車道から長崎自動車道へと問題なくスムーズに行けました。
が!
復路では、長崎自動車道で雪の為、通行止め・・・・
2時間半の渋滞による足止め
しかたなく、佐賀から一般道で帰る事にしました。
17:30到着予定が22:00到着となってしまいました。
ついでに、暖房の灯油が切れ、軽油も底をつきかけ・・・でもガソリンスタンドは無い。
ナビもなし、一般道で、雨も降って・・・・
運転中は結構な思いがよぎってるんだけど、バスの中は音が出ないTVを見て勝手に解説を入れている子供たち・・・
まーこれも思い出の一つかなぁ・・・

■2月26日(土)~27日(日)
 徳山大会
2年ぶり2度目の団体優勝をする事が出来ました。
個人戦では30人が参加し、優勝 14名、準優勝 10名、3位 4名が入賞する事が出来ました。

試合@第15回徳山大会(試合結果)

試合@第15回徳山大会総評(全体)

試合@第15回徳山大会総評(幼年組み)

試合@第15回徳山大会総評(小学1-2-3年)

試合@第15回徳山大会総評(4年生)

試合@第15回徳山大会総評(5-6年+中学生)


スポンサーサイト
試合@第15回徳山大会(試合結果)

■大橋 宙寛 (3位) ※初メダル
⇒自分からタックルに入るようにする
⇒自分の力を信じなさい。それ程の練習をしています。
⇒頑張ったなぁと思える試合をする事(諦めないこと)
⇒練習も良くなっているので、試合も同じようにやる事

■中西 湧太 (準優勝)
⇒自信を持って試合をする事
⇒力を出す事
⇒キミの場合はレスリングの技術は後でよい。まずは『走る』『ロープのぼり』が優先です
⇒空手の大山先生名言をキミに教えます『技は力の中にある』

■荒木 大貴 (優勝)
⇒安定していて良かったです
⇒この調子で選抜2連覇を

■上田 惟稀 (準優勝)
⇒体力、技術の前に心で負けているぞ!
⇒試合の途中でひっぱたいた後は失点が無かったから、今度からは試合前にひっぱたく事にする(笑)
⇒点数は『取られるのは仕方ない』けど『与えては駄目だ』
⇒気持ち!気迫!がもっともっと出るように!
⇒飛び道具な無いから飛び道具を覚えること

■桜井 龍大 (優勝)
⇒タックルに入られて足を持ち上げられたけど、体を伏せて点数をやらなかったところは良かった。
⇒落ち着いてこなせています。
⇒バランス感覚も良いです。
⇒体重も増えてきています。
⇒この調子で継続です。

■下田 龍晴 (優勝)
⇒寛也との試合は面白かった。
⇒何回か寛也に神様の乗っかった事もあったけどね(笑)
⇒持ち前の勇気と百面技で選抜では必ず入賞を果たすこと

■松田 寛也 (準優勝)
⇒力が無いから力を付けたらもっと試合も楽に出来る
⇒組み手は非常にうまいぞ

■山本 航平 (準優勝)
⇒今日で、タイガーで試合するのは最後となりました
⇒タイガーは卒業してもこの先ずーっとタイガーです
⇒先生の教え子らしいレスリングをする事
⇒今日の試合は年長さんの駆の様だったぞ
⇒技術を出す試合をする
⇒心を強く
⇒高校では1年生からインターハイに出場する事

■友田 裕也 (出場)
⇒レスリングを始めて間もないけど随分とレスリングになってきた
⇒今日の負けた気持ちを忘れずに
⇒力・体力をつけて高校でも頑張れ!
試合@第15回徳山大会(試合結果)

■荒木 和希 (準優勝)
⇒ドッシリ構えて試合をする事
⇒和希specialを出せば恵太郎にも勝っているぞ!
⇒和希は今までに何百もの技を出しているけど、掛かった技、掛からなかった技をちゃんと覚えておくこと!

■井上 実奈梨 (優勝)
⇒試合が終わった後に広島レスの原田君とスパーリングを数多くやっていた。
燃えてます!クイーンズもその調子で燃える様に!
⇒試合では、1点1点と正攻法過ぎます。
⇒2点などが取れる飛び道具も必要になります。
⇒特に全国大会ではね。

■上田 尋也 (優勝)
⇒相変わらず力任せになっています。
⇒もっと肩の力を抜く事。
⇒力が必要な時だけ力を使う!
⇒余裕を持った試合運びをする事
⇒マットの縫い目、セコンドの声、レフリー・・・・
⇒余裕が出れば、相手のセコンドの声も聞こえてきます。

■牛嶋 颯 (優勝)
⇒いっつも同じパターンのレスリングをしている
⇒もっとバリエーションを増やすこと
⇒特に上下の動きをマスターすること
⇒3Dレスリングだ!

■大野 恵太郎 (優勝)
⇒安定した試合内容だったけど、和希とは接戦だった。
ずーっと和希のペースだったから、自分のペースで試合運びをする事

■坂口 関志 (優勝)
⇒稔との泥試合でした。
⇒でも優勝した!お父さんもうれしい
⇒帰ったらジュースおごってやるぞ!
試合@第15回徳山大会(試合結果)

■三浦 紘平 (準優勝) ※初メダル
⇒一番盛り上がった試合をしました
⇒初メダルおめでとう!メダルが取れたのは練習の成果だよ
⇒色が金じゃなかったのは、朝練習を1回か2回休んだ分だよ(笑)

■大野 真子 (優勝)
⇒試合では、たまに楽している。休憩している。そんな素振りが見え隠れしていました。
⇒そんな事では、相手に『スキ』を見せる事になります。
⇒皆、見ています。スキを突かれて次はやられます。

■木山 陸 (準優勝)
⇒イライラする試合があったぞ!
⇒攻撃出来るタイミングでしないからイライラする
⇒守っていてばかりでは駄目!自分から点を取りにいく
⇒タックルも上手になっていきているからそれを出さないと勿体無いぞ!

■荒木 瑞生 (準優勝)
⇒弱い相手には強い
⇒強い相手には弱い
⇒組み手のがっつり系はチカヤの影響?か?
⇒宝くじの当りくじで紙飛行機を作って飛ばしている様なものです
⇒それくらいのセンスがあるんだからしっかりと換金してください

■牛嶋 稔 (準優勝)
⇒技は持っているし知っている
⇒試合で掛からないのは練習不足だから
⇒体のいろんなところから手足が出るけど、もっと正攻法で行う様に
⇒顔に自信を持つこと
⇒牛嶋3兄弟では一番センスあるんだぞ!

■大橋 海寛 (優勝)
⇒試合の決着が早すぎて殆ど見ていないけど、グランド技をもっと覚えて自分の武器をつくること
⇒試合の時の目つきはずいぶんと良くなっている
⇒まだまだレスリングはタイガー1の伸び率です
試合@第15回徳山大会(試合結果)

試合@第15回徳山大会総評(幼年組み)
■井上 寛太郎 (出場)※初出場
⇒お兄ちゃんのメダルを見て自分も欲しくて泣いていたけど
⇒試合をして、勝ったらもらえます
⇒メダルがもらえなかったのはお父さんのせいではないぞー

■荒木 美桜 (優勝)※初優勝
⇒1位の代表挨拶では『楽しかった』
⇒泣きながらも頑張り優勝できました。
⇒これからはしっかりと遊ばずに練習しよう!
⇒初優勝おめでとう!
⇒結果は兄とは逆にアゲアゲです
⇒未入賞→2位→3位→優勝

■三浦 修矢 (準優勝)
⇒今日の試合では、タックルの位置が高かったなぁ・・・
⇒もっと足に絡める様にしていこう!帰ったらちゃんと教えます
⇒次からは勝って金メダルだ!

■石原 弘太郎 (3位)
⇒1日目はタックルに入らなかったから負けた
⇒今日はタックルに入ったから勝てた
⇒タックルに入れば勝てるんだぞ!

■井上 輪太郎 (3位) ※デビュー戦
⇒よくぞデビュー戦で勝利しました
⇒泣いた試合も最後まで頑張り通せました
⇒練習の時も道場に来たら直ぐに練習すること

■牛嶋 駆 (優勝)
⇒なぜ勝てたか?なぜ優勝出来たか?
⇒タックルに入った分だけポイントが取れて
⇒諦めずに手を離さなかった分だけ失点しなかったから優勝できた

■石原 弘幸 (優勝)
⇒無茶苦茶なレスリングで優勝できるのは凄い
⇒綺麗なタックル
⇒綺麗なレスリングを覚えて全国に向け闘志むき出しでやっていこう!

■木山 樹 (優勝)
⇒攻めたら強いんだぞ!返されてもいいから攻め続ける事
⇒今度は片足タックルをしっかりと覚えて!
⇒練習通りのタックルやレスリングをする事
⇒試合では別人みたいな動きになっている。
⇒これからもっともっと経験して自分らしいレスリングがいつでも出来る様にしていこう

■中西 広耀 (準優勝)
⇒場面場面で良い動きが沢山あった
⇒フットワークも軽くなって良い動きになっている
⇒あとは、フットワークで自分の足を踏んで転ばないように
平成23年2月26日(土)~27日(日)にて山口県周南市のキリンビバレッジ周南総合スポーツセンターにて第15回徳山少年レスリング選手権大会が行われました。
31チーム/321の選手で競われました。
タイガーキッズからは30名のエントリーであり、見事団体優勝をする事が出来ました。

=====遠征旅程=====
■26日(土)
07:30 北稜高校集合
07:45 大型バスに満車で出発しました
途中、基山SA、めかりSAで休憩を挟み、○○(SA名を忘れた)で食事休憩をして会場には12:00過ぎには到着しました。
今年の会場はメインアリーナで実施され玉名の桃田体育館の2倍以上はある大きな会場で試合をする事になりました。
(マットが5面横一列に並べてもまだ余裕ありあり)

今年から土曜日より試合が行われ17:30まで白熱試合が行われました。
おかげさまで、日曜日は例年に比べ早く終わりましたので、帰りも楽でした。

夜は東長崎レスの金子親子とタイガーPaPa会(←勝手につけました)と食事会をし、2次会は駅前の屋台でラーメン、おでんを食べました。
そこを通りがかったGギルドの尾西一家が!
尾西兄弟と言えばよくよく優勝や優秀賞をかっさらっている(表現ちょい悪ですみません)本当に優秀な選手です。
合同練習の約束をしました。(是非実現しましょう!)
(大人が話しこんでいる間、さくらちゃんは階段で声を出してダッシュしてました)

と、まぁーこんな感じで無事に熊本に優勝カップを持って帰りました。
って、後半が書いてないけど堪忍ください。

=====全体総評=====
・団体優勝が出来ました!おめでとう!
皆よく頑張ったぞ!
今回は延長戦も数多くあり、頑張っている姿が目に付きました。
でもでも、全国に行けばもっともっと強い選手はごろごろ居ます。
・上級生のセコンドで来てくれた真優子ちゃんには感謝してます。ありがとう!
・部内MVPに感じているのは2年生の紘平君です。
いっつも道場には1番に来て掃除をしている。
着実に練習の成果が出てきています。
(お父ちゃん、今日はビールOKですよ~)
(でも、お母ちゃんの許可を取ってくださいね)
・試合でも練習でもそうだけど、分からないことがあればちゃんと聞いてください。
そして、ちゃんと考えてから行動をしてください。
適当にしていたら駄目なんです・よ・!
・たまには変わった事もして皆をアッと驚かせるような事も時には必要ですよ。
例えば、次の大会では筋肉ムキムキのマッチョマンになるとか・・・
目にも見えない早技を出すとか・・・・
・第15回の徳山大会は昨日から開催されていたけど、本当は去年の第14回大会が終わってからスタートしてます。
と!言う!事は!
来年の徳山大会は既にスタートしていると言う事です。

=====保護者総評=====
一つだけです。
徳山大会は試合が終わりましたけど、終わったからと言って気を抜かない様にしてください。
特に、来週は選抜があります。
意識をしてこの1週間をすごしてください。

あと、帰り着くまでが団体行動です。
勝手な行動をしない様にねねね!!!
2011年02月26日(土)~27日(日)
第15回徳山少年少女レスリング選手権大会
タイガーキッズの選手の活躍を報告します!

今年は31チーム321名の選手が参加していました。

団体戦 ⇒ 優 勝!!(2年ぶり2度目)
個人戦(30名出場)
⇒ 優勝 14名
⇒ 2位 10名
⇒ 3位 4名

☆個人☆
=====1位=====
少・中15kg…荒木 美桜(初金)
年長17kg…牛嶋 駆
年長+23kg…石原 弘幸
年長21kg…木山 樹
1-2年25kg…大野 真子
3-4女25kg…大橋 海寛
3-4女27kg…井上 実奈梨
3-4年27kg…上田 尋也
3-4年35kg…牛嶋 颯
3-4年32kg…大野 恵太郎
3-4年29kg…坂口 関志
5-6年41kg…荒木 大貴
5-6年30kg…桜井 龍大
5-6年38kg…下田 龍晴

=====2位=====
少・中16kg…三浦 修矢
年長+23kg…中西 広耀
1-2年26kg…三浦 紘平(初メダル)
1-2年27kg…木山 陸
3-4年25kg…荒木 瑞生
3-4年29kg…牛嶋 稔
3-4年32kg…荒木 和希
5-6年45kg…中西 湧太
5-6年34kg…上田 惟稀
5-6年38kg…松田 寛也
中学53kg…山本 航平

=====3位=====
少・中18kg…石原 弘太郎
少・中21kg…井上 輪太郎(デビュー戦,初メダル)
5-6年32kg…大橋 宙寛(初メダル)

=====出場=====
少・中16kg…井上 寛太郎デビュー戦
中学47kg…友田 裕也
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。