2009年11月
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・体力@11月01日(日)08:30 in蛇ヶ谷
・強化@11月02日(月)19:00 in北稜道場
・通常@11月04日(水)19:00 in北稜道場
・体力@11月07日(土)08:30 in蛇ヶ谷
・体力@11月07日(土)17:00 in蛇ヶ谷
・体力@11月08日(日)08:30 in蛇ヶ谷
・強化@11月09日(月)19:00 in北稜道場
・通常@11月11日(水)19:00 in北稜道場
・体力@11月14日(土)08:30 in蛇ヶ谷
・体力@11月15日(日)08:30 in蛇ヶ谷
・試合@11月15日(日) in大阪(吹田市)
・通常@11月15日(日)18:30 in北稜道場
・強化@11月16日(月)19:00 in北稜道場
・通常@11月18日(水)19:00 in北稜道場
・試合@11月21日(土) in(福岡)九州共立大学
・試合@11月22日(日)終日 in九州共立大学

・強化@11月23日(月)16:00 in北稜道場
・通常@11月25日(水)19:00 in北稜道場
・体力@11月28日(土)08:30 in蛇ヶ谷
・通常@11月28日(土)17:00 in北稜道場
・体力@11月29日(日)08:30 in蛇ヶ谷
・強化@11月30日(月)19:00 in北稜道場
スポンサーサイト
強化@2009年11月30日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
----------------------
練習日記
----------------------
◆練習内容
・柔軟~マット運動
・サイドステップ
・サークルタックル打ち込み
・股潜りタックル
・タックル 100本
----------------------
◆練習コメント
今日は、低学年中心の練習をしました(二年生以下)
赤い円の周りを馬跳びしました際に、低学年はちゃんと列ぶ事が出来なかったり、要領がよく解らずにスムーズに出来ませんでした。
しかし、何周か上級生と交えてやって行くうちに徐々に、上手い具合になってきました。
上手くなってきたところで、タックルに切り替えました。
ちゃんと教えてトライさせてあげれば出来ると言う事ですね。
技もイロイロと教えて行く様にします。
----------------------
低学年はよく足ではなく腰に抱き着くタックルをしています。
しかし、たまに低く構えた位置から足への綺麗なタックルを見かけます。
よって、今日は上級生にタックルを受けてもらいました。
一人目の股下を潜り二人目にタックルをしました
何回かやるうちに段々と上手になりました。
----------------------
MIZUKIはサイドステップの特別練習をしました。
・足を交差させない
・構えを高くしない
・かかとを着かない
・歩幅は小さく
練習開始から終わりまでズーッとやってました。
ドタバタと動き回っていてはタックルも安定しないしディフェンスもしっかりと出来ません
このサイドステップが出来る様になるまでは特別練習かな?
----------------------
KEITAROUとMAKOは今日、季節性インフルエンザの予防摂取をしていたので、練習は見取り練習(見学)をしていました。
練習が出来ない場合でも道場に来る事は大変有意義です。
----------------------
◆保護者から
タックルに入る時は一発では無く、崩しやフェイントを入れてから入る様に体に染み込ませる練習を意識して行ってください!
体力@2009年11月29日(日)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
朝練習の内容は以下です
・ロングコース×2周
・センターコース×2周
・階段ダッシュ×10本
・斜め懸垂×150
・芝生タックル
ーーーーーーーーーーー
今日はSORAHIROとMICHIKAは学校レクレーションと言う事で、皆よりも先に来てロングコースを2周走っていました。
皆が集まってから、時間ギリギリまで一緒に2人とも走りました。
走ったのか走らせられていたのかはわかりませんが、間違い無いのは、走った分だけ強くなったと言う事です。
ーーーーーーーーーーー
ランニングの時に5年生は先頭のDAIKIであっても2位のNOBUKIや3位のRYUSEIはもの凄い形相で走っており、自分を追い込んでいる練習をしているのが分かるが、中間や後方組の下級生はそこまで頑張って走っている様には見えない。
先頭は走るのが早いからでは無くて、努力しているから早いのです。
努力なくして早くはなれません。
通常@2009年11月28日(土)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@17:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は3年生以上の北九州大会のビデオ視聴練習を行いました。
2年生以下は通常練習を行いました。
ーーーーーーーーーーー
通常練習の内容としては、タックル中心の練習を行いました。
タイガーの選手は皆、タックルに入るのが非常に遅い。
組んでからもたついている事が特に目立ちます。
タックルに入るのが怖いと思っているから、なかなか入れないのです。
タックルに入っても直ぐに潰れてしまう。
だから今日はとにかくタックルに相手よりも先に入る、スピードを着けて、低く何度でもが狙いの練習をしました。
ーーーーーーーーーーー
スパーリングの後に、1分30秒のぶちかましタックルを行いましたが、3年生は4回位延長となってしまいました。
なぜか?
日頃の練習から真面目に練習をしていないから
・当たりが弱い
・構えが高い
・頭が下がっている
・上から下に入っている
と言う様な具合で試合の為の練習では無く、ただ時間が過ぎるのを待っていると言う様な練習をしているので延長となってしまいました。
ーーーーーーーーーーー
両足タックルの時に相手をなかなか倒せずに後ろにズーッと走っていく様子が見受けられますが、それは手の位置が悪いからです。
自分の肘(ひじ)が相手の膝(ひざ)の部分にくるようにして、手の平は相手のすねに巻き付ける様に(なるべく下側)する。
後は足で前に蹴って行けば必然的に相手を倒す事になります
ーーーーーーーーーーー
大仁田先生が約一ヶ月以上ぶりに道場に見えられました。
単身赴任では、掃除、洗濯、炊事を全て自分で行わなくはいけないとの事です。
自分でこれらの事をやると、改めて家族の有り難さが身に染みてわかるそうです。
普段の生活はお父さんお母さんがいてこそなので皆は感謝する気持ちを持って生活をしてください。
体力@2009年11月28日(土)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
大阪押立杯に続いて北九州大会と2週連続で試合が有り、週末の体力練習(ランニング)は3週間ぶりとなりました。
気候的には、いつもより気温は高めで調度良い感じでした。
ーーーーーーーーーーー
練習内容は以下です
 ・ロングコース×3周
 ・インターバル×5周
 ・補強トレーニング
 ※いつもよりはちょっと短めに設定しました
 ※明日はいつも通りに実施します
ーーーーーーーーーーー
選手達は日頃からマット練習を行っているので、あまり3週間のブランクを感じませんでしたが、大人は非常に疲れました。
坂口先生なんかは約一ヶ月ぶりでした。
股関節、膝、足首がとても痛くて辛かったです。
一番辛かったのは心臓でした。
バクバクと破裂しそうな辛さで何度も歩こうと思いましたが、何とか何とか歩かずに最後まで頑張れました。
ーーーーーーーーーーー
大仁田先生が四日市から一次帰省にて今週末に帰って来ておられ、練習に参加して下さいました。
四日市に行ってからはランニングの機会が減ったり、飲み方も増えられたそうで体重も増加していたとの事でした。
今日は、坂口先生とランニングを一緒にされていました。
四日市でもランニングコースを見つけたとおっしゃられていたので、また体力作りに精進される事と思います。
ーーーーーーーーーーー
久々のランニングとなりましたが、レスリングでは使用しない様な筋肉も使っていますので、帰ったら自分の体を手入れしてください。
自分の体への投資も大事です
練習後にはバナナを買ってきて食べたり、納豆を食べたり、マッサージに行ったりするのも良いです。
通常@2009年11月25日(水)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の前半一時間は指導者が不在だったので、5年生のRYUSEIとNOBUKI 2名を中心に柔軟、マット運動、打ち込みを実施していました。
道場に入ると、なかなか良い雰囲気で練習をしていました。
ーーーーーーーーーーー
レスリングでは構えがとても重要であり、勝敗の半分がそれで決まると言っても過言では有りません。
構えが高い位置だと自分の懐(ふところ)に相手が簡単にタックルで入ってきます。
組み手が悪いと、相手の良いように振り回されてしまいます。
フットワークが出来ないと、タックルの攻防でタイミングがズレてしまいます。
打ち込みやスパーリング時にはしっかりと意識して構えを作って練習に望んでください。
ーーーーーーーーーーー
攻撃は最大の防御なりと良く言いますが、その通りですね。
相手と握手をしてから始めの行動を防御に徹する選手を多く見かけます。
いきなりタックルに飛び込む事とは違うのですが、後ろに下がらずに低い構えで自分の組み手をし、相手よりも先に先取点を取るには攻撃しか有りません。
私の場合は相手の腕を振ると言うパターンでいつも始まります。
自分のパターンを持つことはとても有効です。
ーーーーーーーーーーー
インフルエンザがクラブ員にも拡大してきました。
予防策を各自が意識して行きましょう。
強化@2009年11月23日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@16:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
北九州大会のビデオ鑑賞を16:00から行います
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は、昨日の北九州大会のビデオ鑑賞を2年生以下で行いました。
3年生以上は、技術練習を行いました。
また、本日は祝日でもあり練習開始時間を16:00から行ったので、3時間みっちりと練習が出来ました。
ーーーーーーーーーーー
ビデオ鑑賞では、一人ひとりの試合を鑑賞しながら、良い部分悪い部分を何度も繰り返し見ながらアドバイスを行いました。
特に目だった共通点として
・構えが高い
・頭が下がっている
・組み手を外側から組んでいる
・脇が甘い
といった事ですが、これらは全て基本的なレスリングに不可欠なものです。
ビデオ鑑賞の後に、足にマジックテープを巻いたゲームを行うと、必死にテープを取られまいと低い構えで勝負が出来ています。
その後に、1ポイント勝負を行うと、別人の様な低い構えでタックルもものすごく勢いがあった。
つまり、低い構えは全員が意識をすれば出来るのです。
島原大会までは、この練習方法を取り入れて行きたいと思います。
ーーーーーーーーーーー
3年生以上は、技術練習を行いましたが、この技術練習こそ強くなる為の秘訣なのです。
技術練習は派手な練習とは対照的にとても”つまらない練習”です。
しかし、このつまらない練習を黙々とやり遂げてこそ基本が身につくのです。
世界選手権のチャンピオンなんかでも、試合で一度もタックルを出さずに勝っている選手でもタックルの練習は人一倍練習をしているのです。
将来オリンピックや世界選手権、全日本選手権、大学選手権、インターハイでチャンピオンになる為には、今の時期の基本がとても大事となります。
タイガーキッズでは、スパーリングで技を覚える様な考えは無いのです。
技は技術練習で
スパーリングはその技を試す場として考えています。
試合@第8回北九州レスリングフェスティバル
場所@九州共立大学
期日@2009年11月21日(土)-22日(日)
ーーーーーーーーーーー
メダル獲得数
 金メダル⇒5個
 銀メダル⇒6個
 銅メダル⇒3個

ーーーーーーーーーーー
@年少中
 3位 牛島 駆(17㌔級)
 3位 木山 樹(20㌔級)
 優勝 中西 広耀(25㌔級)

@1-2年生
 優勝 荒木 瑞生(22A㌔級)
 優勝 大野 真子(22B㌔級)
   (優秀選手賞)

@3-4年生
 2位 井上 美奈梨(28㌔級)
 優勝 大野 恵太郎(29㌔級)
 2位 牛島 颯(35㌔級)
 2位 中西 湧太(42㌔級)

@5-6年生
 2位 桜井 龍大(29㌔級)
 優勝 荒木 大貴(32㌔級)
 3位 嶋添 健(32㌔級)
 2位 下田 龍晴(35㌔級)

@中学生
 2位 山本 航平(50㌔級)
ーーーーーーーーーーー
今年は、インフルエンザの影響で3名程試合には欠場してしまいました。
中国大会と重なって中国地方の選手が不参加ではありましたが、大阪府より初出場のチームが2チームありました。
試合内容については、様々ですが皆厳しい練習を乗り越えた成果はあった様です。
・始めての正式試合を経験する選手
・体力練習の成果が出ていた選手
・全国大会では完敗だった相手に先取点を取りリードしていた選手
・相変わらず気持ちで負けている選手
・練習不足で最高のパフォーマンスが出来なかった選手
試合によって新たな課題や目標が見つかったと思います。
特に、幼年組みは最高のパフォーマンスを見せており、全員がメダルを獲得しました。
20091126161418

2009年11月21日(土曜日)
ーーーーーーーーーーー
今日は、北九州レスリングフェスティバルと坂木先生の結婚式が重なり、坂口先生・荒木先生・大野・下田さんは試合会場である九州共立大学(北九州)を16:00に出発して披露宴会場(博多)入りしました。
ーーーーーーーーーーー
坂木先生は大学時代からの彼女と結婚されました。
披露宴では、新婦側上司挨拶(寿退社)と玉名工業高校レスリング部監督の宮本先生との新婦住居合戦の挨拶が有り盛り上がりました。
ーーーーーーーーーーー
坂木先生おめでとうございます。
お幸せに!
子供が生まれたら間違いなくレスラーですね。
通常@2009年11月18日(水)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の練習が終わるといよいよ試合本番です。
練習内容は、準備運動終了後に自分の技の確かめを行う為のタックル打ち込みと投げを行いました。
その後に数本程度スパーリングをしました。
試合直前のスパーリングではポイントなんか関係有りません。
自分がイメージするレスリングが出来るか?
と言うのが大事となります
ーーーーーーーーーーー
今回、初めてレスリングの試合を経験する選手が居ます。
特に幼年組では、試合の勝ち負けよりも会場の雰囲気に負けず、一人でマットに上がって試合を最後までやり通す事が大事です。
ーーーーーーーーーーー
北九州大会のトロフィーはなんさまでかかです。
2連覇する為に、レスリングは個人競技ですがチームワークが大事です。
マットで自分が試合をしていない場合は他の選手を応援したり、セコンドに着いたり、アップを手伝って下さい。
・競技は握手から握手まで
・試合は開会式から閉会式まで
・団体行動は集合から解散まで

競技、試合、団体行動の三つは全員が関係します。
班長はお手本となって行動し、下級生をしっかりと指導してください。
強化@11月16日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
大阪 押立杯の凱旋報告を行いました。
参加選手全員が夏の全国大会よりもレベルアップした試合内容でした。
ーーーーーーーーーーー
今週末は北九州レスリングフェスティバルです。
練習は嘘をつきません。
練習した分の結果が必ず出ます。
ーーーーーーーーーーー
今日は、MINORUが号令担当となりました。
チームで行動をする場合、すべての雰囲気は指揮者しだいで大きく左右するものです。
指揮者になったら、自分が体調悪くても大きな声で指揮を取りましょう!
通常@2009年11月15日(日)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@18:30~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は、昨日の夕方練習の替わりに行いました。
大阪の試合に行っていない選手にとっては、来週の北九州大会まで一週間となりました。
既に、練習開始時には大阪の試合結果も伝わっていたと思います。
北九州大会では、昨年に続いて団体2連覇を目指してがんばりましょう!
体力@2009年11月15日(日)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は練習中止
ランニングコーチは大橋さんです
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は、指導者が誰も居ないので、大橋パパに臨時コーチをお願いしていました。
参加選手は3名(KEITAROU、KAZUKI、MICHIKA)との事でしたが、ロングコースを3周走ったとの事です。

管理者としても、今週は大阪に居て、来週は北九州の試合で週末は走れないので、平日に仕事から帰ってから走る事にします。
試合@第23回関西少年レスリング選手権大会(大阪押立杯)
場所@大阪府吹田市民体育館
期日@11月15日(日)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
試合結果発表
金2個
銀1個
銅1個

ーーーーーーーーーーー
1年生(22K級)大野真子
 →一回戦負け
3年生(24K級)上田尋也
 →優勝
5年生(28K級)上田惟稀
 →準優勝
5年生(32K級)下田龍晴
 →3位
5年生(32K級)荒木大貴
 →優勝
ーーーーーーーーーーー
凱旋記録(試合前日)
14日(土)の朝7:00に玉名を出発しました。
選手5人と、荒木先生に下田パパと大野です。
大阪入りしたのが、15:30でした。
全員、体重管理がうまくいって16:30には計量も全員パスしました。
夕食は!な・なんと!
焼肉食べ放題です!
明日の試合に向けて体力つけていざ出陣!
NOBUKIとCHIKAYAは親が居ない遠征は初めてだったと思いますが、今までの遠征を経験しているので、勝手もわかっており親が居なくてもちゃーんと自分の事は自分で出来ていました。
ーーーーーーーーーーー
凱旋記録(試合当日)
いよいよ試合当日!
ホテルを08:00に出発し、会場には08:30に到着しました。
会場は既に熱気に包まれており、5人で準備運動~UP運動を行いました。
選手達は緊張した様子も無く落ち着いていました。
厳しい練習を沢山してきたのです。
試合を楽しみましょう!
ーーーーーーーーーーー
MAKO(1年生22Kg級)
相手は全国チャンピオンです。昨年の全国大会でも対戦し、敗戦していた相手でしたが、今回も惨敗に終わりました。
しかし、課題が見つかった事は大きな収穫となりました。
ーーーーーーーーーーー
CHIKAYA(3年生24Kg級)
3-4年生24Kg級にて見事優勝!
初戦から準決勝まではえび固めでなんなくフォール勝ち!
決勝も同様の場面がありましたが、フォールのジャッジが無かったものの1点も失点なくテクニカルフォール勝ち!
ーーーーーーーーーーー
NOBUKI(5年生28Kg級)
5-6年生28Kg級にて見事準優勝!
決勝までは安定した試合運びでALLフォール勝ちでした。
決勝の相手は、全国大会のチャンピオンです。
ポイント差で負けてしまいましたが、次こそは・・・・・!
ーーーーーーーーーーー
RYUSEI(5年生32Kg級)
5-6年生32Kg級にて3位入賞!
準決勝で対戦したのは今年の夏の全国大会で10-0とテクニカルフォール負けをした相手でしたが、なかなかの接戦の末ポイント差で負けてしまいました。
この3ヶ月努力して追いついた証拠が見れた場面でした。
次は追い越していき勝ちましょう!
ーーーーーーーーーーー
DAIKI(5年生32Kg級)
5-6年生32Kg級にて見事優勝!
準決勝で、ちょっとヒヤッとした場面がありましたが、優勝まで一直線に駆け上がった感じでした。
熊本の名をよくぞ大阪にとどろかせてくれました!
ーーーーーーーーーーー
優秀の美を飾っての帰道
熊本からはるばる大阪まで総計1400kmの道のりを運転しました。
家族からすれば、メダル獲得よりも無事に帰って来る事が大事です。
小まめに休憩を取りながら3人で交代して運転をしました。

菊水ICを通る時にはホットしました。
体力@2009年11月14日(土)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は練習中止
ランニングコーチは大橋さんです
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は雨が降ったので練習は中止しました。
坂口先生はお仕事で、荒木先生と大野は大阪押立杯へと・・・。
通常@2009年11月11日(水)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
大阪押立杯まで今日が最後の練習となりました。
練習内容は以下となります。
・柔軟、マット運動
・実践的打ち込み
・スパーリング
ーーーーーーーーーーー
今日のスパーリングでは、ポイントを取った、取られたでは無く自分のイメージするレスリングが出来るかどうかでした。
最後の調整となります。
ーーーーーーーーーーー
夏終盤から走り込みを行ってきました。
自信を持って試合に望んでください。
体力なら絶対的に有利なはずです。
自分がきついと思っても相手はもっときついのです。
自分が痛いと思っても相手も痛いのです。
自分だけが○○では無いのです。
勝敗は先に弱音をはいた方が負けます。
これまでの練習を思い出してください。
きつい練習を乗り越えてきたはずです。
『練習は絶対に嘘をつきません』
きつい練習をしてきたんです。
『試合を楽しんでください』
ーーーーーーーーーーー
14日(土曜日)は07:00に熊本を出発します。
さーいよいよ試合3連戦が始まります。
エイエイオー!
強化@2009年11月09日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)

①大阪押立杯
②北九州大会
③KTN杯
に向けて強化練習を毎週月曜日に行います。
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
さー大阪押立杯まであと2回の練習です
北九州大会まであと2週間を切りました。
今からジタバタしても間に合いません。
自分が出来る技を再確認しながら仕上げを行ってください。
ーーーーーーーーーーー
大阪の試合会場はマットの真ん中に白線があり半分で試合を行います。
当然、正方形のマットを半分にするのですから、いつもの円のエリアから長方形となり、非常に狭いです。
自分の位置を忘れないようにしないと技を決めても場外となり有効ポイントとはなりません。
場外際での力の入れ具合やフットワークも勝敗に大きく左右すると思います。
ーーーーーーーーーーー
自衛隊の城戸選手の事がネット上に特集されています。
http://www.japan-wrestling.jp/New09/436.html
体力@2009年11月08日(日)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の朝練習は、ゴルフで言うハンディキャップ方式を取り入れました。
各選手のコースタイムを記録しているので、それを基準にロングコースを遅い人からスタートし、3周を走ると言う方式にしました。
タイム差は最大で9分にしました。
ーーーーーーーーーーー
いつもは、走るのが早い人は追いつこう、追い越そうと言う目標が自分の前には居ないのですが、今日はタイム差を着けて先行させていますので速い選手は全員を追い越さなくてはいけません。
ーーーーーーーーーーー
結果的に、速い選手も遅い選手も好タイムで完走しました。
ゴール間際では数人が重なって走りこんで来ました。
この様な形式のランニングでは、いつより少しだけ頑張る事で先行者の背中が見えるので目先の目標が出来ました。
通常@2009年11月07日(土)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@17:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は久々に練習試合を行いました。
一人当たり3試合程度実施しました。
初めての試合を体験する選手も居ました。
5年生では2年ぶりにレスリングの試合を経験する子も居ました。(妹の練習を見に来たついでに試合に参戦)
ーーーーーーーーーーー
今日初めて練習試合を経験したのはRIKUとITUKIでした。
そして一番嬉しかったのはITUKIがマットに上がって試合をした事です。
入部当初は親から離れずに練習しておらず、最近ようやくちょっぴり練習をやり始めていました。
そのITUKIがちゃんと泣かずに試合を最後までやり通せたのは本当に嬉しかった。
ーーーーーーーーーーー
試合の総合的なコメントとしては以下です。
・フォールされそうになってからの防御側はブリッジで逃げる事が少なかったのは残念(練習の時から首の力を着けたり、簡単にフォールされないようにする事)
・技を仕掛けたり、防御する時に何人か雑に感じました。
そういった雑な技では無駄なポイントと体力を消費してしまい勿体ないです。
技は正確に丁寧に、そしてスピーディーにしかけなくてはいけません。
・良かった点としては、皆粘りが着いていること。
蛇ケ谷公園の朝練の結果が既にレスリングでも現れている証拠です。
当然ながら練習量を増やしているので強くなっているのは当然なのです。
皆、自信を持って試合本番は望んでください。
体力@2009年11月07日(土)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の朝練内容
・ロングコース×2周
・センターコース×2周
・ロングコースでのインターバル
・芝生での補強練習
ーーーーーーーーーーー
今日は練習前に7時30分から先に走っていたので、いつもは、皆と一緒に走っているので、なかなか全員の走りが見れないのですが今日は全員の走っているところを頂上から確認出来ました。
ーーーーーーーーーーー
タイムが早い遅い選手に関係なく登り部分では全員が何度か歩いていました。
特にセンターコースではそれが目立ちました。
どんなにキツクテも歩いたら負けだと思って下さい。
相手では無く自分に負けているのです。
階段は高さの分だけ足を上げて前に進ま無ければ行けません。
この階段の一つ一つをレスリングのタックルだと思って登って下さい。
歩きたくなっても、ゆっくりでも良いので走り抜く事が大事です。
ーーーーーーーーーーー
センターコースに差し掛かって1周目の頂上まで来たところでRYUSEIが胃から戻していました。
後で話を聞くと、朝食を走る40分前くらいに食べていたそうです。
当然そうなります。
朝練はいきなり実施されたものでは無く、前日には判っていることです。
練習開始の時間から逆算して何時に起きて、何時にご飯を食べないと行けないのか、自分で考えて行動をしてください。
通常@2009年11月04日(水)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の練習には管理者は最後の方しか参加出来ずに内容を把握出来ていません。
見れた範疇(はんちゅう)でコメント致します。
ーーーーーーーーーーー
道場についた時には既にスパーリングの最後の様でした。
選手達を見ると汗だくに成っていたので、試合前だから10本以上実施したのかなと思って荒木先生に本数を伺うと、今日は6本しか実施していないとの事。
気合いが入って気持ちが高ぶり、集中して練習した結果かなと感じています。
ーーーーーーーーーーー
最近はめっきり寒くなっています。
健康管理に気を使って体調を崩さないようにしてください。
一度風邪を引くと体力が全快に回復するまで2週間程かかります。
ーーーーーーーーーーー
練習中に何人か訳が分からずに泣いている選手が居ます。
試合などの感極まる場合で無いのに泣いているのは甘えている証拠です。
得に上級生が泣くと目立ちます。
下級生は当然それを見ています。
自分に活を入れて自信を持って練習に励みましょう。
強化@2009年11月03日(火)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@17:00~19:00
内容@通常練習(マット練習)
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日のメイン練習としては、片足タックルの技術練習を行いました。
①通常の片足タックルの要領で膝を着いて、それを軸に相手の後方まで滑り込むように円を描き、足を取っているもう一つの腕で無双を打ち、相手を倒す。
②すかしタックルとして、通常の片足タックルとは別の足に自分の頭を外側に出して相手の足首を掴み、外側方向へと抜け出し、素早く相手の足首を自分の脇でホールドし立ち上がる。
③組際などに相手の出ている足の一番近い方の足首を自分の頭を内側にして掴む。この時、自分の頭も相手の足首の位置まで持ってきて、素早く膝を着いて上半身を上げて相手の足首を持ち上げる。
ーーーーーーーーーーー
技の練習を行う際に、必ずと言って良いほど、その技が出来ない人に限ってマットの隅っこで練習をしており、回数も非常に少ない。
マットの真ん中で練習をしている人程、覚えが良くて沢山練習をしており目立っている。
そして強い
ーーーーーーーーーーー
5年生は今の3年生よりも同い年の時は強かったし、技も沢山出来ていた。
何故か?
上級生がいなくて甘えが無く危機感があったからです。
今の3年生は先輩もいるし練習出来る環境は数倍も良い。
つまり、甘えているからです。
逆にとらえれば、先輩もいるし、練習環境も整っていて、練習回数も多いので心の持ち方一つで大きく変わります。
体力@2009年11月03日(火)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日の練習内容は以下です。
・ロングコース×3周
・センターコース×1周
・ショートコース×1周
・ダッシュ×5本
・補強トレーニング
ーーーーーーーーーーー
今日は朝練に初めてTAKERUが参加しました。
練習の前後に椎の実取りが流行っています。
私も子供達と一緒に拾いました。
もちろん、言えに帰ってから殻を剥いて塩味にしてフライパンで炒ってから食べました。
来週以降もまだまだシーズンみたいです。
ーーーーーーーーーーー
今日は今年一番の寒さでした。
練習に来るとき、帰る時はしっかりとジャンパーを着る様にしてください。
走る時はまだまだ薄着でも大丈夫です
ーーーーーーーーーーー
ロングコースよりもセンターコースの方が歩いてる事が多い様に見えます。
どんなにきつくても歩いては意味が有りません。
ただの散歩になってしまいます。
遅くても良いので足を上げて腕を振って走る様にしてください。
強化@2009年11月02日(月)
場所@北稜高校レスリング道場
時間@19:00~20:30
内容@通常練習(マット練習)

①大阪押立杯
②北九州大会に向けて強化練習を毎週月曜日に行います。
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
技術練習として首投げ、腰投げ、接近からの大内刈りを行いました。
低年組は構えからのタックルとディフェンスを練習しました。
ーーーーーーーーーーー
技を早く覚える人と遅く覚える人とが居ますが、どちらが後で強くなるのか?どちらが後で技が出せるのかは解りません。
技を出すには覚える速度では無く、覚えた後の反復練習によってどれだけ体に覚え込ませるかが大事です。
後になって、頭では忘れていても体が覚えている位に何度も何度も繰り返し練習する事が大事です。
相手の体に触ったら、その技が反射的に出せる様に体に覚えさせましょう。
また、技と同じく力も必要です。
力は強ければ強いだけ有利となります
レスリングの力はレスリングの技でしか身につきません。
だからこそ、しつこく粘るようにしましょう。
打ち込みや技の練習をする時に、相手が力を入れていても技がかかる様な練習をしてこそ試合の為の練習と言えます。
ーーーーーーーーーーー
新しい技などを習う時ですが、1~10まで全てが新しいものなんて有りません。
おおよそ7割は基本動作です。
構え、組み手、力加減等など。
残り3割が応用になるだけです。
基本通りの動きが出来無ければ新しい技を習得する事は出来ません。
しっかりと基本を覚えていきましょう。
ーーーーーーーーーーー
技や練習内容、指導された事が解ら無ければ先生達にしっかりと聞いて下さい。
解らないからといって、そのままにしておくと何にも出来無くなります。
下手すれば間違った様に覚えてしまいます。
先生の話をよく聞いて理解してから練習を行いましょう。
体力@2009年11月01日(日)
場所@蛇ヶ谷公園
時間@08:30~10:00
内容@体力練習(ランニング)
雨天の場合は道場で実施
ーーーーーーーーーーー
コメント
ーーーーーーーーーーー
今日は朝練で初めて雨の為に道場で練習を行いました。
練習内容は以下となります。
・マットフラッグ奪取
・30秒×10本補強
・ロープ登り20本
・ダンベル補強
・アンクルホールド
ーーーーーーーーーーー
アンクルホールドでも他の技でもそうですが、技を仕掛ける側が上半身(腕など)を使って相手の下半身(足)を攻める場合には、当然腕よりも足の方が強い為に仕掛ける側としては自分の体全部を使って相手の足を取りに行く。
また、アンクルホールドで大事な事としては、相手の足首を自分の足の付け根と脇に挟んでおくこと。
腕だけで仕掛けずに胸を密着させて全身で力を出す事。
相手の腰を浮かさずに自分の肩で相手のお尻を押さえておくこと
ーーーーーーーーーーー
筋肉はどんな時に身につくのか?
簡単に言うとキツイ練習をした時です。
腕立て伏せで言えば、連続で20回が限界とすれば、それを20回を越えて頑張る場合に力が尽きます。
その様な練習を行った際に腕が上がらなくなったりします。
その状態の時は筋肉が断裂して破壊されており、タンパク質(お米など)を食べて休養(睡眠)している時に筋肉が復元しようとします。
その際に、以前の筋肉に増して治ろうとする作用で筋肉が補強されます。
目に見えて直ぐにはわかりませんが、結果は必ず出ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。