2007年08月
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の練習
・柔軟、腕立て伏せ、マット運動
・アンクルホールドの練習
・幼年・初心者組はタックルの基本練習(足運び・勢いのあるタックル)
・サイドステップ
・スパーリング
・整理体操


坂口先生のお話…
だいぶん涼しくなって練習しやすくなってきましたね。
今日は高校生の山本君と矢野君にアンクルホールドを教えてもらいましたね。
教えてもらった技は使えるようになるまで、何回も繰り返し練習することです。
そうやって自分の技にしていきましょう。

習った技を上手に使えるようになる方法、教えようか?
強くなるためには自分より強い相手と練習するのがいいよね。
技を覚えるためには、技をかけやすい相手、つまり自分より少し弱い相手とか学年が下の相手とすると、技を何回もかけられるから体で覚えやすい!
回数をこなすことが大事ということ。


大野先生のお話…
スパーリングでワーワ泣いていた人もいたけど、泣いてても誰も何もしてくれないよ。
マットの上では一人でなんとかしなくちゃいけないんだ。
それに早く気がついて、自分は何をしなくちゃいけないのかを考えてやってください。

先生は明日から四日市ジュニアで修行してきます!(笑)


荒木先生のお話…
スパーリングしていた時に、さっき教えてもらったばかりのアンクルホールド使えたかな?
習った技を得意技にしてほしいです。
自分の得意技で勝つとまた一段と嬉しいものです。
反対に、相手の得意技で負けると、とっても悔しいです。

この前、大野先生と試合をして、大野先生の得意技をやられたから、先生はとっても悔しかったです。
その夜は眠れなかった。
帰ってからお酒をいくら飲んでも、駄目でした。悔しくて眠れない。
そして、自分はレスリングがとても好きなんだなぁってことにも気がつきました。

みんなも負けて悔しかったら、もっと強くなろうと思うはずです。
そうやって強くなっていくのです。



練習の後、大野先生からスイカの差し入れがあり、みんなでたくさんいただきました!
スポンサーサイト
今日の練習
・柔軟、マット運動
・2人組でタックル、ガブリの練習
・幼年組はタックルの足運びの練習
・3ポイント勝負
・スパーリング
・バタ足、ジャンプなど
・整理体操
・掃除


20070825恵太郎坊主20070825真子ショート
練習前、道場の外が何やら騒がしい…「うわーぁ!」「きゃー!」「かわいー!」
大野兄妹が髪をバッサリと切って登場したのでした!
二人とも恥ずかしそうにシューズバッグで頭を隠していましたが、やっと写真を撮らせてくれました。
どうです?かわいいでしょう!


坂口先生のお話…
今日は、頭がすっきりしている子がいて、気合が入っていていいですねぇ!
荒木先生や大野先生たちも高校生の頃は、試合に負けるとみんな坊主にしてたものだ。
気持ちを切り替える時に髪を切ることも一つの方法です。
髪は切ったら短いままじゃないから、伸びるから、短く切っても大丈夫。
だけど、切ったときや鏡を見たときに、いろいろと反省したり、考えたりすることが大切なんだよ。


大野先生のお話…
みんな夏休みの宿題は終わったかな?
あと1週間で夏休みは終わってしまうので、しっかりと宿題を終わらせて新学期に臨んでください。

先生は来週金曜日からしばらく四日市に出張することになりました。
レスリングが盛んな所なので、いろんなクラブの練習を見てきたいと思います。


保護者のお話…
今日は3ポイント勝負で、先生たちも試合をしたりして、とっても気合が入っていましたね。
(坂口先生山本君、坂口先生荒木先生、坂口先生大野先生、大野先生矢野君、大野先生荒木先生)
とってもいい練習ができました。
先生もがんばっているので、子どもたちもがんばろうね!
コーチ6人衆

今日は久々に子どもたちもほぼ全員集合して「多いなぁー!」と感じました。
指導陣も7人もいて、とっても充実した練習ができました。
写真は右から坂口先生、大野先生、荒木先生、坂木先生、山本君(玉名工業3年)、矢野君(玉名工業3年)、友希ちゃん(北稜2年)

特に小学校1年、幼年組は、友希ちゃんの丁寧な指導に、ふざけることもなく、しっかりと取り組んでいる姿がみられましたし、高学年は高校生相手に思い切ってぶつかっていけたようでした。

これだけ指導者がいると、目が行き届いてたくさんのアドバイスをしっかりと受け取ることができますね。
少しの時間でも子どもたちのために指導しに来てくださるのは、とてもありがたいことです。

高校生もまた来てくださいね~!
今日の練習
・掃除
・全国大会の感想・反省発表

◎航平は2勝して、とても自信がついたと思います。これからもその自信を持ってドンドンがんばって行って欲しいです。
◎太希はガチガチに緊張しすぎ!相手を見ずに一人でレスリングやってたような感じだったな。いきなり突っ込んで行ってもだめ。相手を良く見て。
◎寛也は春先からグンと力をつけてきていて、普段の練習も真面目に取り組んできたのが試合でもきちんと出ていたな。その調子でいくとまた強くなってくると思う。
◎大貴は2勝したけど、3回戦の相手もそんなに力の差はなかったよ。あとは心を強くすることだな。
◎龍大は初戦で強い相手と当たって負けてしまったけど、笛が鳴って最初のタックルはとても良かったぞ!最初にポイントを取って相手にプレッシャーを与えるのはとてもいい!
◎惟稀はいつもの練習が出せなかったのが残念だったな。力は持っているんだから、心を強くしよう!
◎龍晴は1勝できて、自身がついたと思う。いつもなら”痛い痛い”病出ていたけど、今回はそれがなかった。よくがんばったね。
◎湧太はいつもの動きがちょっとできていなかったな。心を強くして自信をもってやれるようにしていこう。
◎尋也と恵太郎はもっと頭を使って技を覚えろ!今年は低学年でもどーんとぶつかるだけじゃなくてきちんと技を使えている子が増えていました。


・柔軟、マット運動
・全国大会ビデオ鑑賞(途中まで)
・グラウンドの練習
・スパーリング
・整理体操
・掃除



坂口先生のお話…
全国大会では、みんなとてもよくがんばりました。
全国大会は昨年よりもまたレベルが上がっているようでした。
低学年でもきちんとレスリングになっていました。
タイガーキッズはメダルは獲得できませんでしたが、がんばってきました。

保護者の皆様のチームワークがとても良くて、席や練習場所の確保なども含めてお世話になりました。
おかげで先生たちは子どもたちの試合だけに集中できました。
ありがとうございました。
保護者の全国大会があったら優勝です!


大野先生のお話…
全国大会の試合中に泣いた人?(2人くらい手があがる)
タイガーキッズもですが、全体的に泣く人が少なくなりました。
そして小さい子でも技をきちんと使ってちゃんとレスリングをして勝っている子が多かったです。
全国大会でどんなことを感じましたか?
(九州大会よりももっと強い人がいるなぁと思いました。)
それぞれに感じたこと、収穫があったと思います。
それはとても大切なことですよ。

それから、先生は来週、転勤になる予定です。
しばらくみんなの練習が見れなくなるけど、戻ってきた時には今よりももっと上手になっていてくださいね。


荒木先生のお話…
今日は新しい先生を紹介します。
坂木先生です。
先生がスカウトしてきました。(笑)
玉名工業高校と徳山大学にいたので、ちびっ子たちものこともよく知っています。
秋田国体の84kg級にも出る予定(未定)で、現役です。


坂木先生
仕事もしていますので、来れない事もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。
(一同拍手

20070818sakaki
坂木先生と航平くんの打ち込み


この夜、全国大会反省会&坂木先生歓迎会&大野先生送別会が行われました
今日、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で40.9℃という日本国内最高気温を記録しました!信じられない暑さです。

猛暑の中でのスポーツは熱中症の危険が高まります。
熱中症を予防するためにはどうしたらよいのでしょう。調べてみました。

熱中症の予防
★コンディショニング・チェック<熱中症にかかりやすい人>
○ 体力の弱い者(新入生や新人)
○ 肥満の者
○ 体調不良者(睡眠不足、発熱、疲労、下痢)
○ 暑熱馴化のできていない(暑さになれていない)者
○ 風邪など発熱している者
○ 怪我や故障している者(心身ともに疲労しやすい)
○ 暑熱障害になったことがある者
○ 性格的に、我慢強い、まじめ、引っ込み思案な者など

★運動中の注意
○ 環境条件を把握し、それに応じた運動、水分補給などを行う
・なるべく涼しい時間帯に行う
・強制飲水と自由飲水の両方を併用して行なう方法で水分補給
・水分と一緒に塩分と糖分も補給

○ 暑さに徐々に馴らしていく(暑熱馴化)
・急に暑くなった時に熱中症が起こりやすい
・暑さに徐々に体を慣らしていく

○ 個人それぞれの条件を考慮する
・体調の悪い人は運動禁止、かかりやすそうな人には特に注意を払う

○具合が悪くなった場合には、早めに運動を中止して、必要な手当をする
・足の動きや運び、目の焦点、こちらの質問に確り反応できるか(質問は絶対に答えられるもので)の3点をチェック・ポイントとして判断の基準とし、少しでもおかしいと判断したら、涼しいところで休憩させ、水分補給をさせる。



熱中症の症状と応急処置【休息・冷却・水分補給】
【熱失神】血圧低下…めまい・失神・顔面蒼白
【熱失神】
脱水症状…脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気の場合
涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。
足を高くし、手足を抹消から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
吐き気やおう吐などで水分補給できない場合は、病院で点滴を受ける必要があります。

【熱痙攣】脱水症状…足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんの場合
生理食塩水(0.9%)を補給すれば、通常は回復します。震えているところへ冷水で冷やしたタオルでマッサージ(皮膚血管の収縮を防止するため)する。

【熱射病】体温の上昇で中枢機能に異常…意識障害(反応が鈍い、言動がおかしい、意識がない)の場合
死亡する可能性の高い緊急事態です。体を冷やしながら、集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要です。
体温を下げるには、水をかけたり濡れタオルを当てて扇ぐ方法、頚、脇の下、足の付けねなど太い血管のある部分に氷やアイスパックをあてる方法が効果的です。
循環が悪い場合は、足を高くし、マッサージをします。
症状としては、意識の状態と体温が重要です。意識障害は軽いこともありますが、応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも異常がみられる時には重症と考えて処置しましょう。
遅くなりましたが、全国大会3日目の結果報告です。

航平…(3回戦)敗退
真子…(2回戦)敗退
恵太郎…(2回戦)敗退


メダル獲得はなりませんでしたが、ベスト8が6人という素晴らしい結果でした。

<ベスト8>
真子、恵太郎、尋也、寛也、大貴、航平



保護者の皆様もお疲れ様でした。
初日の勢いをそのままに他のメンバーも波に乗って行きたい!

内容までは分からないけど、とりあえずメールで入ってくる結果をUPします。

龍晴…(1回戦)フォール勝ち!(2回戦)敗退
龍大…(1回戦)敗退
太希…(1回戦)敗退
惟稀…(1回戦)敗退
湧太…(1回戦)敗退
大貴…(1回戦)勝ち!(2回戦)敗退
寛也…(2回戦)敗退
恵太郎…(1回戦)勝ち!
航平…(1回戦)勝ち!(2回戦)勝ち!
真子…(1回戦)勝ち!
尋也…(3回戦)敗退


予想外の相手に苦戦を強いられた選手、目標を超えて善戦した選手…それぞれに大きな収穫もあったのではないでしょうか。
3日目には航平くん、恵太郎くん、真子ちゃんの試合があります。
がんばれ!タイガーキッズ!
第24回全国少年少女選手権が東京・駒沢体育館で開幕!
初日は軽量、開会式の後、早速試合がある階級もありました。

大会参加中の保護者からの速報メールをとりあえずUPします!

実奈梨…(1回戦)テクニカルフォール勝ち!(2回戦)敗退
尋也…(1回戦)テクニカルフォール勝ち!(2回戦)テク勝ち!
寛也…(1回戦)勝ち!

初日の3人は全員初戦突破!幸先いいね!
午後6時半前に北稜高校前に大型バスが到着しました。
去年もお世話になったS交通バスです。(今年もよろしくお願いします。)

全国大会へ行く選手と保護者、それに見送りの人たちが続々と集まってきました。
子どもたちは少々興奮気味で、元気いっぱいです。
軽量のことや試合のことを考えて…保護者は少々緊張ぎみ。

全員がバスに荷物を詰め込み終わると、整列。

坂口先生より…
お見送りありがとう。がんばってきます。
玉名からも声が聞こえるくらいに応援してください!
全国大会に参加しない人たちからは、みんなが大会中に飲むスポーツドリンクやお茶をいただきました。
それを飲んで、行かない人の分まで力を出してきます!
では、行ってきます。


「長旅ですが、がんばってきてください!」
「応援しています!」
「先生、よろしくお願いします。」
「行ってらっしゃーい!」


午後6時50分にバスは東京へと出発していきました。
バスが見えなくなるまで手を振りました。「あぁ…行っちゃった…。」
見送った側は、参加したかったなぁという思いや取り残されたような寂しさも感じつつ「がんばってこいよぉ~!」と強く思いました。
全国大会前、最後の練習。出発前日なので、時間も少し短めに練習しました。

今日の練習
・柔軟、マット運動
・タックル
・グラウンド(ネルソン、腕取り、足&腕取り)
・打ち込み
・スクワット、腹筋、腕立て、整理体操
・掃除


荒木先生のお話…
今日は8月8日です。
一年後、何があるか知っていますか?
北京オリンピックの開幕です。
オリンピックを目指している選手は、もう1年先の目標に向かっています。
みんなも目標を持ってください。

全国大会への準備はできていますか?
忘れ物などないようにしてください。
爪もきれいに切っておくこと!
(軽量の時に爪のチェックもあります。)

坂口先生のお話…
いよいよ明日、午後6時半に全国大会へ出発します。
バスの中ではぐっすり寝ないといけないので、明日は絶対に昼寝はするな!(笑)

では、全国大会へ出場する12人は意気込みを発表してもらいます。

6年航平君…金メダルを取ってきます!
4年太希君…メダルを取りたいです。
3年寛也君…初めての全国大会だから1勝すればいいかなぁ~。(笑)
3年大貴君…阿部君に勝ちたいです!
3年龍大君…2連覇を目指します!
3年龍晴君…1回は勝ちたいです。
3年惟稀君…1回戦は勝ちたいです。
2年湧太君…1回は勝ちたいです。
1年尋也君…去年は1回戦で負けてしまったので、今年は勝ちたい。
1年恵太郎君…1回は勝ちたいです。
1年実奈梨ちゃん…金メダルを取りたいです。
年中真子ちゃん…1位になりたいです。


具体的でわかりやすい目標はとてもいいですね。
1回戦勝てばいいなぁと思っている人は、1回戦かったらもちろん2回戦目以降も勝つぞぉ!と思ってください。
もし負けてしまっても、まだ勝ち残っている仲間の打ち込みの相手をしてあげたり、マッサージをしてあげたり、応援を一生懸命にしたり…そういうこともとてもいい勉強になります。
団体戦もあるし、仲間が一つでも勝ったら嬉しいからね。
チームで一団となって、協力していきましょう!

会場に着いたら、きちんと整列したり、挨拶したり、きちんと握手をしたり、そういった礼儀も大切にしてください。


保護者のお話…
夏休みの宿題が予定より遅れている人?(3人ぐらい手が上がる)
でも、今はそのことは忘れて、全国大会へ集中してください!
帰ってきてから、宿題をしっかりやること。

全国大会に行くために、みんなのお父さんやお母さんやいろんな人が裏でいろいろと動いて準備をしてくれています。お金もかかります。
一生懸命試合をして帰ってきた時には、お父さんやお母さんに「ありがとうございました。」とお礼を言ってください。

今日は暑かったので、スポーツドリンクの差し入れがありますので、掃除後に取りに来てください。

次の練習日:8月18日(土)から通常の練習を行います。
今日の練習
・掃除
・ランニング、サイドステップ、柔軟、マット運動
・打ち込み、タックル、グラウンド
・スパーリング
・1ポイント勝負
・バービー、バタ足など
・整理体操
・掃除


坂口先生のお話…
しばらく練習に来れませんでしたが、久々にみんなの様子を見てみると、成長具合がよーくわかります。
大野先生も言うように、厳しい練習にもついてきているので上手になっています。みんな自信を持ってください。
先週まで佐賀で高校総体があって、先生も行って来ました。
玉名工業は惜しくも団体戦2回戦敗退でしたが、3-4と僅差でした。
全体的にあまり差がないような対戦でした。
みんなもこの前の九州大会でも、延長戦をした人が何人かいましたね。
最後まであきらめない気持ちが大切です。


大野先生のお話…
あと1回の練習をしたら全国大会です。
東京へはバスで17時間をかけて行きますし、昼間はとても暑いので、明日から出発するまではなるべく体を休ませておいてください。
プールや外遊びは少し控えて、体力を温存しておいてください。

荒木先生のお話…
先生の会社の人の子どもが町の相撲大会に出ることになって、「お父さん、どうしたら勝てる?」って聞いてきたそうです。
それで「どーんと思い切ってぶつかって行け!」と言ったそうです。
子どももお父さんも特に格闘技をしているわけではないのですが、それだけで2位になったそうです。
技術も何にもなくても、気持ちだけでそこまで勝てるんです。
気持ちって大切ですよね。
みんなも全国大会では自信を持って、強い気持ちで勝っていきましょう!
今日の練習
・掃除
・柔軟、腹筋、腕立て、背筋など
・差し、スタンド腕取り、タックルの練習
・スパーリング
・1ポイント勝ち抜き戦
・バタ足など、整理体操
・掃除


荒木先生のお話…
スパーリングや1ポイント勝負したけど、技がよく出ている人と出ていない人の差がある。練習量の差だと思います。
ついこの前まで、航平と太希は同じくらいの力で、どっちが勝つかわからないくらいだったのに、今では航平は圧倒的に強くなっている。
少しの間にこれだけの力の差ができてしまっている。
弱い人は強い人とどんどんやると強くなります。
航平は工業高校へ行ったりして、練習を積んできたりして、強くなってきた。
太希も弱い人ばかりとやっていてはダメだぞ。
強い人は弱い人や学年がしたの人とやる時は、怪我をしないように気をつけてやってください。
この前の練習でも言ったけど、全国大会まであと実質1回しか練習できない。
くれぐれも怪我をしないようにね。


大野先生のお話…
佐賀で開催されているインターハイを見に行ってきました。
どの階級のどの試合でも、顔を下げている人が負けていました。
勝つ人は必ず頭を上げています!どんな不利な体制になろうとも、顔を上げています。
必ず相手を見ています!

そして、玉名工業高校の74kg級小澤黎洋選手の両足タックルが一番きれいでした。
レスリングは何と言っても、タックルが決まるのが一番です。
自分から攻めてタックルを決めて勝つ、それができる選手が一番良いです。
みんなもそういう選手を目指してください。
今日の練習
・掃除
・柔軟、腹筋、背筋
・片足タックル(頭を出す・入れる)
・ガブって左手で相手の足首を取る練習
・スパーリング
・ランニング、スキップ
・整理体操
・掃除



荒木先生のお話…
全国大会まで10日を切りました。
練習日もあと3回ですが、最後の1回は激しい練習はしませんので、実質2回しかありません。
練習時間は限られていますので、気合を入れてやっていきましょう!
あと、体のケアをきちんとしておいてください。
怪我や病気をしないように行動に気をつけたり、爪を切ったり…。
一流選手は試合に合わせて体調を最良の状態に持ってきます。
みんなもなるべく良い状態で試合に臨んでください。

全国大会の試合日程が決まりました
10日(初日)から試合があるのは、尋也、実奈梨、寛也です。
計量が終わったらすぐに試合があるから、準備しておくようにしてください。

全国大会日程(pdfファイル)←全国少年少女レスリング連盟サイトより
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。