2006年05月
練習は嘘をつかない!!念ずれば花開く
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆個人の部☆
====優勝====
年長19kg級…上田尋也
年長24kg級…大野恵太郎
小学1・2年19kg級…桜井龍大
小学1・2年20kg(A)級…鶴田大貴
小学3・4年男子25kg級…磯野太希

====準優勝====
年少・年中21kg級…原田尚輝
年長22kg級…鶴田和希
小学1・2年20kg(B)級…嶋添健
小学5・6年女子28kg級…桜井菜月
中学生女子重量級…井上真優子

====3位====
小学1・2年20kg(B)級…井上知也
小学1・2年24kg級…原田健士朗
小学1・2年28kg級…中西湧太
小学5・6年女子33kg級…嶋添ひかる
スポンサーサイト
5月27・28日2日間、九州少年少女レスリング選手権大会が鹿児島県鹿児島市樟南高校高校体育館にて開催されました。
タイガーキッズからは、ほとんどの選手が参加しました。
そして、嬉しいことに、団体優勝しました!!
タイガーキッズの団体優勝です。
予想もしていなかったことに(?)保護者も先生方も子らも大いに沸きました!
これもみんなのがんばりの賜物ですね。
おめでとう!!

九州大会団体初優勝!
この写真は5月30日(火)の熊本日日新聞に掲載ました!
☆団体の部☆
1位 タイガーキッズレスリングクラブ(熊本)
2位 島原レスリングスクール(長崎)
3位 上熊本レスリングクラブ(熊本)


個人の試合結果は後日UPします。
今日の練習
◆柔軟・マット運動
◆打ち込み(タックル)
◆グラウンド(ネルソン・ローリング)など
※明日は試合なので軽めの練習で切り上げました。



坂口先生のお話…
明日は九州大会があるので、今夜は家に帰って自分の体のケア、爪を切ったり、してください。
試合はいつもの練習している力を試す場所です。
練習で泣くほど練習しておけば、試合はリラックスしてできます。
リラックスすると自分の力をよく出すことができます。
試合を楽しんでできるようになるともっといいんだけどね。
明日、明後日、気合を入れていきましょう!


大野先生のお話…
女子レスリングの吉田沙保里選手は、試合中はいつも「相手より1ポイント負けている」と思って戦っているのだそうです。
みんなもそういう気持ちで戦ってください。


荒木先生のお話…
試合でいつもの自分の力を発揮するには、アップを十分しておくことが大切です。
ちょっと汗をかくくらい体を動かしておくと、よく体が動きます。
アップしないで冷たい体のまま試合をしたら、自分の力を出せないまま終わってしまいかねません。
各自でも自分の試合前には体を動かしておくようにしてください。
今日の練習
◆柔軟・マット運動
◆構えの姿勢で左右に移動する練習
◆二人組みで
・相手の体重を手のひらで感じながら押したり引いたりする練習
・タックル
・片足を取った姿勢からの攻撃の練習(グラウンド)
・足さばきの仕方(両足そろえない!)
首投げの練習
①右腕を相手の首の後ろに回す。
②左手で相手の右腕を取る。
③お尻を相手の体の向こう側へ出すように体をひねって相手の体重を乗せる。
④しゃがみこむように相手を下にして投げる。
首投げの防衛
・左腕を相手の股の間におく→相手は投げられなくなります!
・投げられてしまったら、ローリングや袈裟固めで攻める!
(首投げをされてても、それをチャンスに変えよう!!)


坂口先生のお話…
あと3つ寝たら九州大会です。
体調管理に気をつけてください。
ふざけていて怪我などしないように!
特別に金曜日にも練習をします。


大野先生のお話…
ご飯をきちんと食べて元気に試合に行きましょう!


荒木先生のお話…
土日に試合があるので、早めに宿題を済ませておいてください。


子本会長のお話…
九州大会での自分の目標を決めてください。
目標をクリアできた人は報告してくださいね。
九州大会まであと6日となり、今日も練習試合をすることにしました。
審判を荒木先生、セコンドを坂口先生と大野先生にしてもらいました。
試合後はそれぞれの先生のところに行ってアドバイスをもらいました。


坂口先生のお話…
だいぶん試合らしくなってきたと思いますが、今日負けた人で、下田龍晴くんは自分から攻めていました。
もう少ししたら強くなると思います。
負けて泣いていたけど、まだ始めたばかりですので、負けたのは仕方ないことですのです。
練習を重ねれば大丈夫です。
先生たちでも試合になるとタックルはきれいに入りません。
今までやった試合でタックルがきれいに決まったのは1回くらいしか覚えていません。
タックルは足に触ってからが勝負です。
相手が頭を押さえつけてきても、そこから前に出ることができるかどうかが勝負の分かれ目です。
あきらめないようにしてください。
それから、小さい子たちは、相手に抱きついているけど、足に入らないとダメなんだぞ。



大野先生のお話…
今日は試合に勝った人で、自分から攻めていないのに勝った人がいましたね。
自分から攻めないとダメです。
女子レスリングの試合で吉田沙保里選手が94連勝していますが、1ポイントでも3ポイントでもいいから取るまでとにかく休まずに攻め続けていました
自分から攻めて勝てるようにしてください。


荒木先生のお話…
久々に練習試合を見せてもらいました。
試合らしくなってきたと思いますが、ガブリ返しという技は、自分が負けている時に最後の手段で使う技で、自分が勝っている時に使う技ではありません。
相手のバックに回った方が相手の反撃は少ないです。
ガブリ返しをしようとして、反対に相手にフォールされて負けている人をよく見ます。
技には自分が勝っている時につかうものと、負けている時に使うものがありますので、頭を使ってください。


保護者のお話…
試合中にまわりで人の試合をまじめに見ていた人とそうでない人がいました。
そうでなかった人は、次から人の試合をまじめに見てください。
試合後にビデオを見ながら先生方が解説してくれますが、目の前でやっている試合を見るときも自分の頭の中で、同じようによい悪いを考えてシミュレーションをしてください。
先生方が「レスリングをやっていない時でも頭の中でシミュレーションできます」と言われたはずですが、人の試合を見ながら、どこが良くてどこが悪いかを考えると良い勉強になります。
人を応援するというのは、試合をやっている人を元気付けるというのと、人の試合を見て勉強するという2つの事をやることだと思います。
人の試合はまじめに見て、応援するようにしてください。


2006女子レスリングトヨタワールドカップ名古屋が5月20・21日開催中です。
詳しくはコチラ→2006女子W杯
スポーツナビ→・聖子が弾み!94連勝の吉田
坂口先生のお話…
短い時間でも集中すれば良い練習ができます。
また今度の土曜日に練習試合をやりますので、前回負けた人はリベンジマッチだと思ってがんばるように!


大野先生のお話…
試合というのは、試合の日程と会場が用意されてから、その場に出るというものではなく、普段の練習の成果を試す場です。
(受身ではなく能動的になりなさいということ)
試合だと思って練習してください。


荒木先生のお話…
今日は練習の最後の柔軟体操では声がよく出ていましたが、最初の方では声が出ていませんでした。
もう少しで終わりだと思うと元気が出るようですが、最初から気合を出してください。
目標が見つかると気合が入りますので、目標を持ってやってください


保護者のお話…
今日、靴の紐を自分で結んだ人は手を挙げてください。
(幼児以外は9割程度挙手)
レスリングをやっているのですから、レスリングシューズの紐は自分で結べるようになってください。
私が若い頃(20歳前後)に聞いた話ですが、一流大学を卒業し、一流企業に勤めていた男の人がいて、その人は勉強はとてもできるのですが、お風呂に一人で入れなかったそうです。
勉強ばかりやっていたせいで、お風呂はお母さんに洗ってもらっていたそうで、就職して一人暮らしを始めた後も、一週間に1回はお母さんに来てもらってお風呂で洗ってもらっていたそうです。
いくら勉強ができてもそんな人がいると気持ち悪いでしょ?
これは極端な話なので、君たちはそこまで酷くはないけど、れすりんぐだけやるのではなく、シューズの紐を結んだり、掃除の時のほうきを正しく持つのも勉強だと思って、自分でできるようになってください



九州大会(5月26・27日/鹿児島県@樟南高校)まであと10日を切りました。
鹿児島通の大野先生が宿泊先を見つけてくださるなど、準備が着々と整いつつあります。
子どもたちも「メダルをもらうぞぉ!」と気合が入ってきているようです。

台風1号が台湾近くに発生したというニュースを聞きました。
今週末には九州に接近?!という予報でした。
もう台風の心配をする季節に入ったようです。
来週末(大会の時)には台風などの心配がないように祈りたいですね。
予告されていたとおり、チーム内で練習試合をしました。
体格が近い人と組み合せ、だいたい1人3試合ずつ行いました。
坂口先生が審判、選手呼び出しと点数記録係を大貴くんのお母さん、点数係を湧太くんと健士朗くんのお父さんたち、赤青のリストバンド係を高校生にお手伝いしてもらいました。
大野先生には試合が終わった選手たちに1人ずつ良かったところ、悪かったところの指導をしていただきました。


今日の練習
◆マットを周回しながらマット運動。
◆バタ足&タックル切り
◆打ち込み
◆グラウンド
◆スパーリング
◆練習試合


坂口先生のお話
構えをしっかりしてください。
自分の体より肘が後ろにいってる人がいます。
得点を見て逃げ切ろうと思って守りに入ってはいけません。
1点先行してて守りに入った途端に「ガブリ返し」で2点取られて逆転されてしまっていた。

今日、一番いい試合をしたのは実奈梨ちゃんでした。
あのタックルが一番良かった!

また来週、1回は練習試合をしたいと思います。


子本会長のお話
周りの人は試合をしている人たちを応援した方がいいと思いますよ。


子本会長がおっしゃるように、応援も練習のうちだと思います。
相手の動きを見て「自分だったらこうするのに」とかイメージするだけでも、トレーニングになると思います。
いろんな動きやルールがわかっていないと、「○○しろ!」とかアドバイスの声援も出せないですよね。
私もまだまだわからないことがいっぱいですので、子と一緒に覚えようと思います。




久々(2週間ぶり?)に練習日記の更新です。
試合前なので練習は休みたくはなかったのですが、田舎に帰省してリフレッシュしてきました。
しかし、我が長男は急な発熱でまた練習を休んでしまいました。
(こんな調子で大丈夫か??)
学校や幼稚園では風邪や水疱瘡、おたふく風邪などが流行っているそうです。ご用心。

今日の練習
◆柔軟、マット運動、スキップ、両足ジャンプ、アヒル、バービー
◆打ち込み
◆グラウンドの練習
◆スパーリング
◆柔軟


坂口先生のお話
今週の土曜日か来週の水曜日に練習試合をします。
練習の前から気合を入れて来てください!!


大野先生のお話
ネバネバ納豆を食べて、粘り強い試合ができるようにしましょう!


荒木先生のお話
今日はみんな集中力がありましたね。
短時間だけど、よく集中して引き締まった練習ができました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。